基本情報

国名 オーストラリア
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 オーストラリア国立大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ロシア語(ロシア)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 Arts and Social Science
留専攻 Development Studies
留学期間
開始 2014-07-11
終了 2015-06-22

留学前

留学の目的 移民支援について学ぶこと
英語で文章を書くことに慣れること
求められた語学力
英語TOEFL 80
英語
その他
レベル
情報収集方法
先輩
その他
参考になるHP http://www.anu.edu.au/
留学準備
ビザ申請を始めた時期 3月
ビザ申請方法 オーストラリア移民局のホームページより申し込む
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 ネット
履修登録を始めた時期 3月
履修登録方法 留学の手続きをしていく中で、履修登録も行う
入寮申込みを始めた時期 3月
入寮申込み方法 留学の手続きをしていく中で、量を決めるように大学側からメールが届く
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 4月
保険加入方法 学生ビザを取る際に、指定の保険に加入することになる
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 TOEFLの勉強
その他の準備を始めた時期
その他の準備内容

留学中

学年暦
7月
一学期目開始
10月
試験期間
11月
夏休み開始
2月
二学期目開始
5月
試験期間
6月
成績証明書、退去手続きを終え帰国
留学生科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Third World Development
使用言語 英語
科目名 Development and Change
使用言語 英語
科目名 Culture and Development
使用言語 英語
科目名 Gender in Cross Cultural Perspectivve
使用言語 英語
科目名 Russian Politics
使用言語 英語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 一か月 800ドル
支払い方法 現金かカードか選べる
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 自炊 
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離
大学までの所要時間 徒歩20分 無料のバスも出ていた
応募方法 ネットより大学から案内が来る
その他の近隣施設)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 日が暮れると不審者がいる
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 買うと高い。自炊がおすすめ
図書館の評価
図書館についてのコメント
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント 高い。フェイスブックを使って、中古品を買うほうがうんと安い。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 聞けば教えてくれるが、メールの返信に時間がかかる
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 予習(リーデング)、学内のイベントへの参加、友達とごはん
Weekend(休日の過ごし方) Weekdayと同じ
おすすめスポット・旅行先など
Sydney,Uluru
目標
移民支援活動に携わる
その成果1
英語で書く、議論することに慣れる
その成果2
ロシア語の向上
その成果3
今後の課題
エッセイのフィードバックでもっと語彙を増やすように言われた。読んでわかる単語や表現を、文章を書くときに使えるようにする。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
日本で移民支援団体に連絡を取るべきだった。想像していた以上に、受け入れ先を探すのに時間がかかった。

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 未定
後輩へのアドバイス
ビザの申請は早めにやったほうがいいです。また、履修科目は日本で申請した後からも、オーストラリアで修正がきくので、焦らなくても大丈夫です。

手続きに関しては、オーストラリア国立大学に留学していた先輩や知り合いに手続きに関する情報を聞くといいと思います。もしわからないことがあれば、何でも聞いてください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.