基本情報

国名 ウズベキスタン
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 タシュケント国立東洋大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 言語文化学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 ロシア語 (中央アジア)
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部 東洋哲学部
留専攻
留学期間
開始 2014-09-05
終了 2015-07-05

留学前

留学の目的 ロシア語、ウズベク語運用能力の向上。卒論執筆に向けた資料収集および現地調査。
求められた語学力
英語TOEFL
英語
その他 中級以上のロシア語またはウズベク語能力
レベル
情報収集方法
先輩
先生
HP
その他
参考になるHP http://in-the-centre-of-tashkent.blogspot.jp/ タシケントの世界経済外交大学に留学した筑波大学の学生のブログです。留学準備や現地での生活について詳しく書いてあります。
留学準備
ビザ申請を始めた時期 8月
ビザ申請方法 ビザ発給許可が下り次第大使館にて申請。自分の場合は即日発行でした。
航空券を準備した時期 8月
航空券準備方法 航空会社のホームページでネット予約
履修登録を始めた時期
履修登録方法
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法 受け入れ大学側で事前に手続きをしてくれました。
住居探しを始めた時期
住居探し方法
保険に加入した時期 8月
保険加入方法 ネット申し込み(AIU)
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 3月
語学強化方法 基本事項の復習
その他の準備を始めた時期 8月
その他の準備内容 必要用品、ドルの準備等。

留学中

学年暦
9月
一学期開始
10月
11月
12月
一学期修了(月末)。冬休み(~1月初旬)。
1月
二学期開始
2月
3月
4月
5月
6月
期末試験(月末)。二学期修了。
留学生科目
科目名 ウズベク語(文法、読解、会話)
使用言語 ウズベク語
科目名 ロシア語(文法、読解、会話)
使用言語 ロシア語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 聴講のみ
学部・大学院科目
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
科目名
使用言語
居住環境
居住環境 学生寮
家賃 無料
支払い方法
部屋人数(人部屋) 1~4人(部屋によって異なります)
家族・同居人(人) 自分は1人部屋でした。
門限 あり
食事
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 約6キロ
大学までの所要時間 バスで30分くらい。タクシーで10分くらい。
応募方法 留学生の場合、基本的に初めは寮が住居として登録されます。
近隣施設 薬局
その他の近隣施設) 大衆食堂、キオスク。
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
シャワー(共有)
洗面台(部屋)
洗面台(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 共同テレビ、集会室、トレーニングルーム、図書室
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 治安に関してはそれほど心配する必要はありませんが、夜間の外出やスリといった盗難等には十分気を付けるべきです。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント あまりおいしくありませんでした。僕は大学から徒歩2分ほどのところにある大衆食堂に通っていました。プロフがおいしいです。
図書館の評価
図書館についてのコメント 小さい上うるさいので、自習等には向いていません。外大のような立派な図書館を想像してはいけません。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント 学内Wi-fiはどうやら一部で利用できるらしいのですが、僕は使ったことがありません。実質利用できないものと考えて良いでしょう。
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント とても小さいので休み時間には学生でごった返します。僕はここでよくコーヒーを買っていました。
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント 正直なところ、困ったことがあった場合友人を頼っていたので、大学の国際課がどのような対応をするのか分かりません。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント きれいなキャンパス、便利な学内環境とは言い難い印象でした。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 国立図書館やカフェ等で自習。劇場で演劇鑑賞。古本屋巡り。ドゥタール(民族楽器)教室。
Weekend(休日の過ごし方) 上記に加え、タシケント散策や小旅行。
おすすめスポット・旅行先など
・タシケント市内の劇場・・・安価でチケットが手に入る上、上演される演目も様々です。オペラやバレエを観れるところもあります。語学の勉強にもなります。
・ヌクス・・・ウズベキスタンの西にあるカラカルパクスタン自治共和国の首都。研究の都合上留学中に何度か訪れましたが、都会のタシケントとは違って落ち着いた雰囲気が好きでした。ヌクスの中心地にあるサヴィツキー美術館は必見です。足を伸ばしてアラル海まで行ってみるのもいいですね。
目標
ロシア語能力向上
その成果1
ウズベク語能力向上
その成果2
卒論研究資料収集
その成果3
今後の課題
ロシア語能力のさらなる向上。修士論文執筆のためのより広範な資料収集。
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
幾度となく様々な問題(特に住居関係)に直面しましたが、ある時点で諦念に近いものが生まれ、問題を問題と感じなくなってしまいました。慣れとは恐ろしいものです。

帰国後

進路予定
進学(国内)
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界
後輩へのアドバイス
すでにご存じであるとは思いますが、語学の勉強だけが留学ではありません。長い期間異国の社会に身を投じ、異なる文化や価値観と触れ合うという経験は留学でしか得られないものでしょう。外大生にとっては、留学は日ごろの大学での勉強の成果を遺憾なく発揮できる場だと思います。ぜひチャンスがあれば挑戦してください。ウズベキスタン留学について訊きたいことや疑問点等がありましたら、当方まで連絡してください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.