基本情報

国名 フランス
その他の国名(国名で「その他」を選択した場合)
大学名 パリ政治学院
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
所属
言語文化学部・国際社会学部・大学院を選択) 国際社会学部
各学生の専攻する地域言語一覧より選択 フランス語
学年 4
留学時学年を選択 3
留学先
学部
留専攻
留学期間
開始 2014-08-22
終了 2015-06-01

留学前

留学の目的 ・興味のある分野の知識を深める
・フランス文化を肌で感じる
・シアンスポの環境でチャレンジする
・フランス語力、英語力向上
求められた語学力
英語TOEFL iBT score 87 以上
英語
その他 フランス語
レベル TCF 400点以上 または DELF B2 以上
情報収集方法
友人
先輩
HP
その他 Campus France
参考になるHP
留学準備
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 必要書類を揃え、大使館に提出
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 大韓航空
履修登録を始めた時期 7月
履修登録方法 オンライン
入寮申込みを始めた時期
入寮申込み方法
住居探しを始めた時期 6月
住居探し方法 Lodgisで住居を探し、渡航前に契約
保険に加入した時期 7月
保険加入方法 大学指定の保険にのみ加入
予防接種を受けた時期
予防接種の種類
語学強化を始めた時期
語学強化方法
その他の準備を始めた時期 8月
その他の準備内容 荷物の準備等

留学中

学年暦
8月
Welcome Programに参加。論文の書き方、プレゼンの仕方を叩き込まれ大変だったが、友人を作るいい機会になった。
9月
秋学期授業開始。
10月
下旬に1週間の休暇、授業では中間レポートの提出。
11月
期末試験に向けての勉強、プレゼンに追われる日々。
12月
上旬に期末試験。冬休み始まる。
1月
下旬に授業登録。
2月
春学期授業開始。下旬には一週間の休暇。
3月
プレゼンに追われる日々。
4月
期末試験。
5月
期末試験後、パリ日本文化会館で一ヶ月間インターンシップ。
留学生科目
科目名 Français moyen/fort (Niveau 3)
使用言語 フランス語
科目名 La gastronomie à la française
使用言語 フランス語
科目名 Une histoire de Paris
使用言語 フランス語
科目名 History of French Art
使用言語 英語
科目名 The Business of Wine in France and the New World
使用言語 英語
学部・大学院科目
受講
受講可→聴講のみ/単位取得を選択 単位習得
学部・大学院科目
科目名 Politics in the European Union
使用言語 英語
科目名 The EU as International Actor
使用言語 英語
科目名 Multiculturalism and Identities in a Global World
使用言語 英語
科目名 Marketing and Customer Relationship Management
使用言語 英語
科目名 Musique : Orchestre de Sciences Po
使用言語 フランス語
居住環境
居住環境 アパート
家賃 1130ユーロ
支払い方法 現金手渡し
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 0
門限 なし
食事 自炊
セキリティ-
全体の印象
大学までの距離 280m
大学までの所要時間 徒歩3分
応募方法 不動産webサイト(Lodgis)から
近隣施設 コンビニ
銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設) メトロの駅、パン屋、カフェ、本屋、美術館、デパート
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
インターネット(部屋)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
治安状況
住居周辺の評価
大学周辺の評価
気をつけるべき点 スリには常に気をつけるべき。
学内環境
食堂の評価
食堂についてのコメント 家が近かったのであまり使用しなかった。
図書館の評価
図書館についてのコメント いつも混んでいるが、書籍・オンラインデータベースはかなり豊富。
インターネットの評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアの評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートの評価
大学のサポートについてのコメント インターンの手続き等でメールをしたらすぐに返事がきた。
全体の印象)評価
全体の印象)についてのコメント あちこちに校舎が離れているのが少し不便。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業の予習、課題に取り組んだり、友達と飲みに出かけたり、公園でパンを買っておしゃべりしたりすることが多かった。
Weekend(休日の過ごし方) 基本的には授業の予習や課題に追われていたが、マルシェに出かけたり、美術館に行ったり、遠出をするなどした。演奏会前には週末にもオーケストラの練習があった。
おすすめスポット・旅行先など
中世都市のProvin、モネの家があるGivernyなどはパリ郊外で比較的行きやすくパリとは違った雰囲気を楽しめる。
アルザス地方のRiquewihr(リクヴィール)という小さな村が可愛らしかった。
目標
興味のある分野の知識を深める
その成果1
シアンスポの方法論の習得
その成果2
フランス文化に馴染む
その成果3
今後の課題
・フランス語力の向上
・専門知識のさらなる強化
直面した問題、日本で準備すべき、だったと感じたこと
・フランス語、特にスピーキング、リスニングと語彙力
・日本政治や文学、宗教についてもっと知っておくべきだった

帰国後

進路予定
就職
就職の場合:内定している あるいは 目指す業界 内定している
後輩へのアドバイス
シアンスポはとても魅力的な環境です。授業に限らず、集まってくる学生のレベルの高さに圧倒され悔しい思いをすることも多いと思いますが、それでも得られるものは大きいです。毎日が充実していました。
留学を不安に思うかもしれませんが、友人でも見ず知らずの人でも、必ず助けてくれる人がいるので、心配せずに留学生活を思いっきり楽しむのが一番いいと思います。
何か聞きたいことなどあれば、いつでもご連絡くださいね。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.