基本情報

留学先国   ベトナム
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ハノイ国家大学・人文社会科学大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 東南アジア第2地域
地域言語・専攻語 ベトナム語
留学時の学年 1
プログラム名 2014年度東京外国語大学夏季ベトナム語研修
留学期間(開始) 2014-07-05
留学期間(終了) 2014-08-01
この留学にかかった費用の合計 二十万円

留学前

留学の目的 語学力の向上、ベトナムの文化を学ぶ
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 学校を通して申し込んだ。
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 ベトナム大使館に直接行って申請した。
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 当日旅行会社の方から受け取った。
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けていない。
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 大学で研修を受けた。
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 平日の午前中に一時間のベトナム語の授業を一日三コマ受けた。二人の先生に日替わりで授業をしていただいた。授業はベトナム語、英語を使って現地で購入したテキストに沿って行われた。
感想 授業のスピードは速かったが、とても充実していて、よい経験になった。ただ、最初の授業の時点で、先生が私たちの語学力を把握していなかったため、多少の混乱が生じた。また、授業の内容は、単語の暗記にかなり重点が置かれていたため、日本である程度の語彙力をつけてから、ショートビジットに行った方が効果的ではないかと考えた。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホテル
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃
支払い方法 旅行会社に振り込んだ。
部屋人数(人部屋) 二人
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段
大学までの通学時間 二十分
宿舎手配方法
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 ホテルで約三週間の生活であったが、窓がなかったため、電気をつけないと昼間でも暗く、湿気があり、過ごしやすいとは言い難かった。また、洗濯機がなかったため、毎日手洗いで洗濯をしなければならなかった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 スリ、交通事故
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 使用していない。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 使用していない。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 使用していない。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 使用していない。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 特になかった。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 使用していない。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 午前中には授業が終わるので、レストランなどで昼食をとったのち、ハノイ市内の観光をした。
また、週に二日ほど企業見学や施設見学があった。
Weekend(休日の過ごし方) 休日は、授業の復習もしくは観光や買い物をした。
オプショナルツアーとして一泊二日で旅行にも行った。
おすすめスポット・旅行先など 留学した国の歴史、戦争に関する博物館に行くのが良いと考える。特に、戦争に関する資料館は、私自身も行くことを躊躇していたが、実際に行くことでベトナムの歴史を深く知ることができた。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 語学力の向上
自己評価1
課題2 ベトナムの文化を学ぶ
自己評価2
課題3 ベトナム語の学習
自己評価3
今後の課題
次回ベトナムに行くときに、流暢に会話ができるように、会話に重点を置いて学習したい。また、留学中に必要と思われる語彙や表現を主体的に学んでいきたいと思う。
日本で準備すべきだったと感じたこと
もう少し語学力の基礎を固めてから留学に行きたかった。
直面した問題
数回お腹を下した。食事や飲み水には気を付けていたが、揚げ物を食べたところ、調子が悪くなってしまった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
私は一か月間のショートビジットでベトナムに行きました。短い期間でしたが、現地でしかできない様々な貴重な経験ができました。また、レストランや店などで実際にベトナム語を使うことができたことも普段の授業で学んだことを生かすよい機会でした。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.