基本情報

留学先国   チ ェ コ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 プラハ・カレル大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 チェコ語
留学時の学年 2
プログラム名 チェコ語コース
留学期間(開始) 2014-07-07
留学期間(終了) 2014-08-02
この留学にかかった費用の合計 約20万円(飛行機代含めると40万円)+お小遣い

留学前

留学の目的 語学力の上達
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
先生
HP
その他
参考になるHP http://ujop.cuni.cz/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 インターネットにて申込み
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 (ビザ不要)
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 旅行会社に委託
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 (受けていない)
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 主専の宿題の優先順位を高めた
海外旅行保険に加入した時期 4月
加入した海外旅行保険会社名 ELCのスピーキングセッションに定期的に参加
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容  入学時のライティングおよびインタビューの試験に基づき、クラス分けされる。チェコの文化よりも言葉に重きを置くプログラムだが、授業中に映画を観ることもある。昼間はそのクラスで自分のレベルに応じて授業を受ける。午後はアクティビティが用意されており、希望者は参加することができる。また、週末にはプラハ郊外への遠足も用意されている。
感想  私は、日本人が一人のクラスに入ってしまったため、最初は心細いこともあったが、自分のレベルに合ったクラスであるため、授業についていくこと自体には支障がなく、2週間目からはチェコ語に対する自身が出てきた。宿題も毎日3~4つ出されて辛く感じた日もあったが、自分の語彙数がプログラム参加前に比べて圧倒的に増え、非常に役立ったと思う。アクティビティは義務的なものではないため、ときにはルームメイトや海外からの友人との時間を優先してゆっくりすることができた。日本以外からも異なった環境から多くの人がこのプログラムに参加しており、彼らと交流できることもこのプログラムの利点だと思う。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 330ユーロ (日本円で4~5万円)
支払い方法 銀行を仲介とした海外送金
部屋人数(人部屋) 二人部屋
家族・同居人(人) なし
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 徒歩10分
宿舎手配方法 インターネットにて申込み
居住場所の近隣にあった施設 病院
スーパー
薬局
その他の近隣施設 パン屋さん、レストラン
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
洗面台(共有)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 洗濯ものを干す竿
居住環境の感想  大学、メトロの駅、トラムの停留所の全てに徒歩で行けるため、交通の便が非常に良い。また、すぐ近くにブルタバ川が流れており、川沿いの散歩を楽しむこともできる。受付にはほぼ24時間、監視人がいて、防犯カメラも各箇所に備わっており、比較的安全な環境である。食事は一切出ないが、近くのスーパーで安いパンや食材を入手でき、キッチンも利用可能なため特に大きな影響はなかった。また、受付の人が英語を話せないということもあったが、言い換えればチェコ語を話さざるを得ない環境であったため、毎日が挑戦で、非常にチェコ語の会話の勉強になった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 強いて言うならば、夜は道に酔っている人が多いことである
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 今回は食堂が利用できなかった
図書館についての評価
図書館についてのコメント 図書館は大学から遠く、利用したことがない
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント パスワードの取得に数日要した
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント ピザやパンを無料で温めてくれる、優しい店主がいる
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 情報の伝達が遅いことが暫しあった
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント なし
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友達と食事・散歩・宿題など
Weekend(休日の過ごし方) 友達と食事・散歩・ショッピング・旅行など
おすすめスポット・旅行先など クトナー・ホラ
プラハのフラブニー・ナードラジー駅から電車で一時間ほどで行ける。都心部よりも自然が多く、美しい。また、複数の協会があり、キリスト教徒の忠誠心を反映したような建築美術を垣間見ることができる。さらに、多くの戦死者を収めた納骨堂は、言葉に表すことのできないほど偉大なものであり、見る価値が大いにあると思う。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 チェコ語の日常会話に触れて新しいことを学ぶ
自己評価1
課題2 一人暮らしの練習
自己評価2
課題3 他国からの生徒との交流
自己評価3
今後の課題
辞書を使わずに会話の中で出てくる単語を知っているようになりたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
・英語(英会話)
・日本の歴史や政治に対する意見を日頃から学ぶこと
直面した問題
 現地にいる間にスーツケースの把手が壊れた。荷物を詰めるうえでは支障をきたさなかったが、予想外の出来事で頭が真っ白になり、日本にいる家族に電話した。幸い、今回の件は加入していた海外旅行保険でカバーすることができたため、保険に入っておくことの大切さを実感した。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
費用もそれほど掛からないうえ、夏の短期間で参加できてしまうため、異文化体験には最適なプログラムだと思う、語学学校は(クラスにもよるが、)宿題の量が多く、大変なこともあったが、生活のリズムをつかめば全体的にうまくこなせるようになる。参加しようか迷っている人はぜひ挑戦するべきだと思う。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.