基本情報

留学先国   チ ェ コ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 プラハ・カレル大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 チェコ語
留学時の学年 2
プログラム名 Summer Courses of Czech in Prague
留学期間(開始) 2014-07-06
留学期間(終了) 2014-08-01
この留学にかかった費用の合計 約50万円

留学前

留学の目的 大学で学び始め一年半勉強してきた言語(チェコ語)を公用語とする国に実際に足を運び直に触れることで、言語・文化・歴史に関して更に理解を深めること。
初の海外生活を一人で過ごすことで、様々な問題を自分の力で解決する経験をすること。
必要な語学力
英語TOEFL
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
先輩
HP
その他
参考になるHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 3月
協定校への申込み方法 カレル大学のHPのサマーコース登録フォームに諸情報を入力して送信。
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 必要ありませんでした
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 航空券斡旋会社に電話
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 必要ありませんでした
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 授業の予習復習
海外旅行保険に加入した時期 5月
加入した海外旅行保険会社名 ネットで価格・設備・食事・立地を考慮してホテルを予約。
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 今回私が参加したプログラムでは、講義(月~金/9:00~13:15)と午後の追加プログラム(任意の参加/映画や絵画などを通したチェコの文化紹介、プラハを講師がガイドしながら散策など)を中心に、週末はプラハの外の観光名所への遠足(任意の参加)、など充実した内容が組まれていた。講義内容は日本で受けているネイティブの講義に類似しており、文法の学習を中心にスピーキング・リーディング・ヒアリングといった基本的な技能を身に着けるためのものであった。
感想 私は既に基礎的文法を学習済みだったため、文法の解説などでは復習となってしまったが、それでも外国人生徒とともに学習することで新たな発見やさらに深い理解をすることができた。追加プログラムは初学者レベルと熟練者レベルに分けられているものもあり、自分に合ったレベルのプログラムを受講可能になっているなど、学生目線の内容になっていた。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
その他
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか? ホテル
家賃 一泊6000円
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 15~20分
宿舎手配方法 ネット
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
その他の近隣施設 パブ
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 必要最低限のものは揃っており、満足。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 風俗街やカジノの近辺には大勢の客引きがいて、よく声をかけてくる。夜のヴァ―ツラフ広場には酔った若者などが多いため、なるべく早足で移動した方がいい。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント ありません
図書館についての評価
図書館についてのコメント ありません
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント Wi-Fiが設備されているが、コードの配布に時間がかかった(開講から1~2週間後)
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント ありません
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 教師陣は生徒に対してかなり親切。何かあったら相談するとよい。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用しませんでした
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) プラハの散策
課題
Weekend(休日の過ごし方) 列車やバスで遠出の観光(クトナーホラ、チェスキークルムロフ、ニュルンベルク(ドイツ))
おすすめスポット・旅行先など プラハ城(昼・夜)
旧市街広場(夜)
ズラターウリツェ(小路・夜は静かで綺麗)
チェスキークルムロフ
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 言語・歴史・文化に対する更なる理解
自己評価1
課題2 海外での単身生活
自己評価2
課題3
自己評価3
今後の課題
外大での講義でも留学先での講義のように積極的な意識と姿勢を保っていくこと。
日本で準備すべきだったと感じたこと
特にありません。
直面した問題
バスでドイツに旅行した際の往路で突然警察の検閲が入りパスポートの提示を求められたが、同乗者にパスポートを携帯していない人がいたためその場で約2時間の足止めをくらい、その後の予定がすべて崩れた。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
留学に出発する前に週末の予定をすべて決めておくと、平日からアクティブに行動することができると思います。短期留学は与えられた時間が少ないので、少しでも多くの経験を出来るように、自分から求めていく姿勢が必要だと思います。今回私が参加したコースは日本人以外は職業や生活の都合上チェコ語を必要とするような社会人が多かったので日本人の学生は甘く見られがちでしたが、授業に積極的な姿勢を示すことで対等に扱ってもらうことができました。逆に発言の少ない学生はまるで子供のように扱われていました。留学先では日本での立場など考えず、自分の力で関係を築いていくことが必要になります。厳しいようですが、中途半端な気持ちで参加するくらいなら時間とお金の無駄なうえ他の学生に失礼なので、参加しないことをお勧めします。意欲のある学生にはとても有意義な短期留学になることと思いますし、私も前年度に同じコースに参加した者として出来る限りの協力をさせていただきたいと思っています。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.