基本情報

留学先国   タ  イ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 シーナカリンウィロート大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 東南アジア第2地域
地域言語・専攻語 タイ語
留学時の学年 2
プログラム名 タイ語2年次派遣プログラム
留学期間(開始) 2014-07-21
留学期間(終了) 2014-08-06
この留学にかかった費用の合計 研修費・航空券代など全て含めて約20万円

留学前

留学の目的 タイ語の運用能力を向上させること。タイへの長期留学について考える材料を得ること。
必要な語学力
英語TOEFL
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 1月
協定校への申込み方法 語科全体で動いていたため、特に個人的に申し込みをすることはありませんでした。
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 オンラインで購入。
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 3月
語学強化方法 春休みのうちに、2年の予習と復習を一通りしていました。
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 この研修プログラムは、大学での授業・バンコク外への研修旅行・ホームステイで構成されていました。授業では、タイの文化や社会、歴史についての、実践演習も含めた紹介、タイ語の日常生活でよく使う表現についての授業、タイ語の発音に関する授業がありました。研修旅行ではバンコクから出て、タイで有名なフアヒンの水上マーケットに行って人々の生活の様子を見たり、タイのシーフード料理を頂いたりしました。ホームステイでは、一人ひとり別の家庭に泊めてもらい、2泊3日を過ごしました。この研修プログラムの最後には、『タイで驚いたこと、印象付けられこと』について、一人一人がパワーポイントを使いながらタイ語で最終プレゼンを行いました。
感想 大学の先生方・タイ人学生からも、その他スタッフの皆さんからも、非常に手厚いサポート体制があったおかげで、特に不便することもなく、この研修プログラムを満喫することができました。最初のうちは、授業で先生が容赦なくノーマルなスピードでタイ語を話していたため、ついていくのがなかなかたいへんでしたが、徐々に慣れてきて、リスニング能力は向上したように感じています。ただ、研修期間の後半から、昨年日本で学んだタイ語の表現に関する授業になり、日本語を話せないタイ人から教わるという面では新鮮でしたが、内容的には少し簡単すぎるように感じました。ですが、全体として授業内容は興味深いものが多かったです。また、2泊3日のホームステイでは、一人一人が違う過程に入ったため、ほとんど日本語は使わずに過ごしました。この時間は非常に貴重だったように思います。授業だけだと、なかなかタイ語を常に自分から発するということもなかったのですが、ホームステイ中はコミュニケーションをとるためにそうせざるを得なかったため、自分にとって良い機会になりました。また、ホストシスターが皆優しく、この機会に出合えたことに感謝しています。現地の友達ができたことは今後の自分のモチベーションにもつながるし、定期的にこれからも連絡を取っていきたいと思います。最終プレゼン報告会では、私は司会進行も務めさせていただき、しっかり研修のまとめができたと思います。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホテル
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃
支払い方法 研修費に含まれていました
部屋人数(人部屋) 3人
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 5分
宿舎手配方法
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
薬局
その他の近隣施設 デパート
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 大学の付属のホテルに滞在していましたが、非常に整った環境でした。ホテルのスタッフの皆さんもみんなやさしい方々でした。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 夜遅くは一人では出歩かない方が良いと思います。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 大変お手頃でおいしかったです。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 使いませんでした。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント ホテルの部屋と学校でもところによってはwifiが使えました。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 本屋さんは色々な本があり楽しかったですが、辞書がもう少しあればよかったです。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 大変充実したサポートでした。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 特に使用していません。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 洗濯しに行ったり、買い物に行ったり、課題をやったりしていました。
Weekend(休日の過ごし方) 買い物に行くことが多かったです。
おすすめスポット・旅行先など チャトゥチャックは買い物にかなりおすすめです。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1
自己評価1
課題2
自己評価2
課題3
自己評価3
今後の課題
今後の課題は、大きく分けて2つあります。一つ目は『常にタイ語に触れる環境を作ること』です。タイでは、一日中タイのことばに囲まれていたため、恒常的にタイ語に触れることができ、その分吸収する・実践する機会も多くありましたが、日本では意図的に作らない限り、そのような環境は生まれず、せっかくこの機会にタイ語を普通に話すことに慣れ始めたものが勿体ないことになってしまいます。そのため、毎朝タイ語ラジオ放送を聞いたり、少ない時間でも毎日タイ語を少しでも音読するということなどを通して、自分が毎日タイ語にふれる機会を作りたいと思います。二つ目は『語彙を増やすこと』です。語彙が増えれば、表現できることも増えると思うので、色々なタイプの文章に触れて、語彙を増やしていきたいと思います。
日本で準備すべきだったと感じたこと
日本で準備すべきだったと感じたことは、ボキャブラリーをもう少し増やしてから行けば、実際に使える言葉ももう少し多かったかなと感じます。
直面した問題
特に大きな問題はありませんでした。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
このプログラム中は、タイ語を『聞き取る機会』はたくさんありますが、自分から積極的に『話す機会』も作ると、より充実したプログラムになりと思います。また、研修前にはある程度ちゃんと復習を一通りしていた方が、現地で『実践』できるので、より力がつくと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.