基本情報

留学先国   イギリス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ロンドン大学東洋・アフリカ研究学院
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 東アジア
地域言語・専攻語 朝鮮語
留学時の学年 2
プログラム名 English Language Skills 2
留学期間(開始) 2014-07-28
留学期間(終了) 2014-08-15
この留学にかかった費用の合計 600000円

留学前

留学の目的 英語運用能力の向上
必要な語学力
英語TOEFL
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
HP
パンフレット
その他
参考になるHP http://www.soas.ac.uk/ifcels/summer/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 メール
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 某旅行会社にて手配
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 コース別に教科書が配られ、毎日午前(Reading&Writing)と午後(Listening&Speaking)に1つずつ授業があった。
Reading&Writingでは、主に教科書の長文を読んで読み書きのコツを先生が指導する形だった。授業内で応用作文をし、またessayの宿題もあった。
Listening&Speakingでは、生徒の発言を尊重した形で授業が進行した。ディベートもあり、映像教材も使った。
どちらも2時間の授業だが、途中に10分程度の休憩があった。
感想 先生方の説明が丁寧で分かりやすかった。
冗談も交えながら楽しく授業しつつも、今日の授業のポイントを的確に指示してくれたので内容に集中できた。
円滑な授業進行のために授業前の準備も丁寧にしてくださっているのだなと感じた。
またWritingの先生にはほぼ毎日宿題でessayを提出していたが、訂正とアドバイスも丁寧にしてくださったのが印象的だった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 3週間で700ポンド
支払い方法 サイトからクレジットカード
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 1フラットに7人
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 30分
宿舎手配方法 学校側の推薦
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 シャワー室しかなく、また水の出が悪いなど不便だった。
学校側の説明では、寝具や食器類は自分で用意するようにと書いてあったが実際には、寝具も食器もそろっており持っていく必要がなかったので無駄な準備だった。部屋自体はそこまで狭くも無かったが、照明が勉強するには少し暗かった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント
図書館についての評価
図書館についてのコメント
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業の予復習と観光
Weekend(休日の過ごし方) ロンドン郊外を観光
おすすめスポット・旅行先など Greenwich
Oxford
Cambridge
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 様々な国・地域の留学生と共に英語力を高める
自己評価1
課題2 英国の生活を体験する
自己評価2
課題3
自己評価3
今後の課題
英語運用能力を今後も向上させるべく、英語を使う機会を増やす
特にSpeakingを向上させたいので話す機会を増やす
日本で準備すべきだったと感じたこと
特になし
直面した問題
円安ポンド高
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.