基本情報

留学先国   チ ェ コ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 プラハ・カレル大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 チェコ語
留学時の学年 2
プログラム名 チェコ語サマースクールプログラム
留学期間(開始) 2014-07-07
留学期間(終了) 2014-09-01
この留学にかかった費用の合計 40万程度

留学前

留学の目的 チェコ語を一年学んだので、その学んだことを現地でアウトプットしてみたいと考えたため。また、海外で異なる文化圏の人々と交わることで、視野を広げたいと考えたため。
必要な語学力
英語TOEFL
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 ネット申し込み
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 ネット申し込み
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 ELCを利用
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 午前中はレベル別に分けられたクラスで、チェコ語の授業が行われ、午後は、アクティビティーとして、プラハ市内をめぐったり、チェコの映画を見てチェコの文化にも触れることができた。
感想 チェコ語の授業はレベル別となっているので、自分に合っていて学びやすかった。また、授業はすべてチェコ語で行われるため、特にリスニングやスピーキング面での強化ができた。午後のアクティビティーで語学だけでなく、文化についての知識もついたので、チェコについてあらゆる面から学べたと思う。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 5万程度
支払い方法 口座振り込み
部屋人数(人部屋) 2人
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 10分
宿舎手配方法 ネット申し込み
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 共有設備が多かったが、ストレスはそれほどなかった。
二人部屋であったが、二人で使うには十分な広さであったし、必要最低限の設備はそろっていた。
ネット環境があまり良くなかったので、インターネットを頻繁に使いたい場合はケーブルを持参するべきだと感じた。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント
図書館についての評価
図書館についてのコメント
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント Wi-Fi設定をしてもつながらないことがあった
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 大学主催のアクティビティーに参加したり、プラハ内を散策していた。プラハには多く歴史的建造物があるので、そのような建造物を巡った。
Weekend(休日の過ごし方) 平日にはいけないプラハ以外の都市へ出かけることが多かった。プラハとは違って、のどかなチェコらしい雰囲気を感じることができた。
おすすめスポット・旅行先など
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ELCのスピーキングセッションに取り組む
自己評価1
課題2
自己評価2
課題3
自己評価3
今後の課題
日本以外の国からの参加者と話す中で、リスニング能力が足りていないと感じたので、リスニングの強化に力を入れていきたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
チェコ語においても英語においても、聞き取ることが苦手だとサマースクールを通して感じたので、リスニングを重点的に練習すべきだったと感じた。また、話すときに、単語が出てこないことが多くあったので、留学前に単語量を増やすべきだった。
直面した問題
他の参加者の方と英語で話すときに英語がうまく出てこないことが多かった。また町に出たときに、文化の違いに戸惑うことが多かった。」
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
全く興味がない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
1か月という短い間でしたが、さまざまな経験が得られました。
大変なことも多いですが、成長できることも多いので、ぜひ参加してみてください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.