基本情報

留学先国   ト ル コ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 アンカラ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 西アジア・北アフリカ
地域言語・専攻語 トルコ語
留学時の学年 1
プログラム名 アンカラトメルへのショートビジット
留学期間(開始) 2014-06-30
留学期間(終了) 2014-07-25
この留学にかかった費用の合計 20万

留学前

留学の目的 語学力向上のため。また、実際に専攻している言語が話されている国へ行きその国の文化を直接自分の肌で触れてみたかったから。
必要な語学力
英語TOEFL
英語その他
その他言語 トルコ語
 
情報収集方法
先輩
先生
その他
参考になるHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 6月
協定校への申込み方法 直接事務所へいき、登録した
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 インターネットで
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 5月
語学強化方法 授業をよく聞く
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 トルコ語の語学学校
感想 語学学校へは週5日、日に4時間通っていたが、それによって語学力が上がったというよりはホームステイ先での日常会話や街のお店の人との会話などによってのほうが上達したと思う。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 食事代を含め350ユーロ
支払い方法 直接手渡し
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 あり
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 1.4h
宿舎手配方法
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 住居の周辺に野犬が多くいたので、少し怖い
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント
図書館についての評価
図書館についてのコメント
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント wifiがなかった
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業後は友達とお昼を食べた後、街散策をしたり近くの観光名所や博物館に行ったりした。
Weekend(休日の過ごし方) 週末を利用してカッパドキア、サフランボル、アマスラ、イスタンブールなどへ友人とバスで小旅行をした。滞在は1カ月と短いので、ハードではあるが観光などに出掛けると充実してよいと思う。移動手段のバスの手配なども自分たちでしなくてはならなかったので、そういう点でも語学力の上達と何事も怖がらずに飛び込んでいける力がついたと思う。
おすすめスポット・旅行先など カッパドキア、サフランボル、アマスラ、そしてもちろんイスタンブール。
サフランボル、アマスラが良かった。観光地ではあるが、イスタンブールのように英語、日本語を話せる人が少なく、トルコ語でしゃべれるからよかった。景色もとてもきれいで、人もみな温かい。ロクムがとてもおいしい!
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 トルコ語で日常会話ができるようになる
自己評価1
課題2 トルコ人の友達をつくる
自己評価2
課題3 単語を増やす
自己評価3
今後の課題
出発前よりは語学力は上がったものの、まだ十分に自分の言いたいことを伝える語学力はないため、これからもっとトルコ語の勉強を続けていきたいと思う。長期留学やまた旅行で行った時に今よりもっと上達できていたいため、授業を基本に自分でも進んでトルコ語、そして文化や歴史などを勉強する。
日本で準備すべきだったと感じたこと
もっと単語を詰めておけばよかったと思った。
直面した問題
特にない
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
トルコではほとんどトルコ料理しか食べないので、絶対3週間目あたりで日本食が恋しくなる。からおみそ汁のパックとダシの素は持っていくべき!
留学だ!ときちきちとそんな身構えなくても、トルコ人はゆったりした人が多いので、マイペースに楽しむといいと思う。
日本で最初に学ぶ3カ月は短いけれど、そこでしっかりやるかやらないかですでに差は出る。最初の3カ月しっかりと勉強して、トルコで1カ月ゆったりと勉強するといいかなと思った。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.