基本情報

留学先国   ト ル コ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 アンカラ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 西アジア・北アフリカ
地域言語・専攻語 トルコ語
留学時の学年 1
プログラム名 トルコ語コース
留学期間(開始) 2014-06-28
留学期間(終了) 2014-07-28
この留学にかかった費用の合計 30万円程度

留学前

留学の目的 トルコ語運用能力の上達。
トルコの文化、風習に触れる。
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他
その他言語
  トルコ語初級(現地の学校によるテストの受験によるレベル分け)
情報収集方法
先輩
先生
その他
参考になるHP 特になし、みませんでした。
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 先生の指示
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 必要なし
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 インターネット申し込み
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期 5月
語学強化方法 日々の学習時間を増やす
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 ジェイアイ傷害火災保険会社
その他特記事項1 5月
その他特記事項内容1 衣服、土産など
その他特記事項2 5月
その他特記事項内容2 入寮申込みを始めた時期

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 アンカラ大学の付属の語学学校に通いました。
世界各国の外国人と一緒にトルコ語を学びました。
週末は旅行や観光に出かけたりして過ごしました。
感想 いろいろトラブルもあって思い通りにいかないことも多かったのですが、最終的には充実した一か月だったと思います。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 350€
支払い方法 主人に現金で手渡し
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 3
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 15分
宿舎手配方法 先生の指示
居住場所の近隣にあった施設 銀行
病院
スーパー
その他の近隣施設 公園
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 オーディオ機器セット
居住環境の感想 自由が結構与えられて、その分自分でしなければいけなかったのですが慣れれば問題ありませんでした。
家の人としっかり約束やコミュニケーションをとったので、大きなトラブルなく快適に過ごせました。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 大学周辺は繁華街で人通りが多い。人通りの少ない道を避ける。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 軽食の販売。普通。
図書館についての評価
図書館についてのコメント なし
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント なし
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント なし
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 自ら行動しないとダメ。サポートは薄い。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント なし
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業後、同じ語科の友人と昼食をとったりアンカラ市内をぶらついた。
また現地でできたトルコ人の友人にアンカラを案内してもらったり、サッカーをしたりした。
帰宅後は宿題に取り組んだり、家族の人と市場やスーパーで買い物をした。
Weekend(休日の過ごし方) 語科の友人と小旅行に泊まりで出かけた。
大使館勤務の外大OBの方と懇談した。
おすすめスポット・旅行先など ・サフランボル
町並みが世界遺産に登録されており、石畳の道や木造建築の家が並ぶ風景は素晴らしかった。日没寸前の夕焼けの景色は感無量。
・アンカラ
観光地ではないため、より生身のトルコの雰囲気が味わえるかもしれない。
・クズライ
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 トルコ語の上達
自己評価1
課題2 トルコの文化風習に触れる
自己評価2
課題3 たくさんのトルコ人と友達になる
自己評価3
今後の課題
トルコ語に触れる時間を減らさないようにする。
自分は外国人であり、どこかでトルコ語が理解できないのは仕方がないと思っていた。
こうした甘えを無くし、次にトルコに行くとき自信をもってトルコ人と接することができるようにしたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
勉強不足だったと思います。
入学して間もないうちに旅立ったので仕方ない面もありますが、知らない単語が多すぎて家族の人には迷惑をかけたと思います。
トルコという国について、より深く知ってから訪れればまた新たな世界が開けると感じた。
直面した問題
大学との手続きは大変でした。
学校側が特別何かフォローしてくれるわけではありませんでした。
また授業もトルコ語による説明だったので、指示が理解できないこともありました。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
トルコ人は親切な人が多くて何回も助けられました。
一方で助けが必要な時は自らアクションを起こさないといけないと痛感しました。
待っていてはだめです。
文法云々よりも、いかに自分の思いをいっぱい話そうとするか、物怖じしないかが重要だと思います。
トルコ語を学び始めて間もないうちにトルコに留学しましたが、何よりも大切だと感じたのは自分から学ぼうとする姿勢だと思います。
待っていたのでは、生かせるものも生かしきれません。
積極性こそより留学を充実したものにできると思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.