基本情報

留学先国   ベトナム
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ハノイ国家大学・人文社会科学大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 東南アジア第2地域
地域言語・専攻語 ベトナム語
留学時の学年 1
プログラム名 夏季ベトナム語研修
留学期間(開始) 2014-07-08
留学期間(終了) 2014-07-26
この留学にかかった費用の合計 約20万円

留学前

留学の目的 ベトナム語の上達
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他 なし
その他言語 ベトナム語初級程度
  なし
情報収集方法
友人
先輩
先生
その他
参考になるHP ハノイ国家大学のHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 なし
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 自分でベトナム大使館に赴いた
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 旅行業者が代行
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けなかった
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 平時の授業のみ
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 ジェイアイ傷害火災保険株式会社(旅行会社に勧められたものに加入)
その他特記事項1 5月
その他特記事項内容1 むこうへ持っていくものの準備。
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2 なし

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 午前約3時間ベトナム語の授業。先生は2人。2人ともベトナム人。
午後は自由行動。観光地を巡ったり、地元の名物料理を食べたりした。
感想 ベトナム語の授業は、英語とベトナム語で行われたが、ベトナム語でほとんど行われたため、授業についていくのが大変だった。リスニング力と語彙力のなさを実感した。
午後の自由行動では、様々な観光地を巡った。世界遺産のタンロン遺跡を見学できてよかった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホテル
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 わからない
支払い方法 前払い
部屋人数(人部屋) 1~2人
家族・同居人(人) なし
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段
大学までの通学時間 約10分(約4km)
宿舎手配方法 旅行業者が代行
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
その他の近隣施設 洋服屋、大衆食堂など
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 なし
居住環境の感想 私が泊まった部屋は、毎日虫がたくさん出た。部屋の掃除も比較的雑だった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 とくにない。治安はよいほうだと思う。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント なかった。
図書館についての評価
図書館についてのコメント なかった。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 私はネットに繋がらなかった。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント なかった。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント よくわからない
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント なかった。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 観光地、世界遺産などをを訪れる。美味しいと評判のご飯屋さんで食事をとる。工場などに社会科見学に行く。
Weekend(休日の過ごし方) 社会科見学はないが、放課後と同じように過ごす。
おすすめスポット・旅行先など タンロン遺跡。ホアンキエム湖。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ベトナム語の上達。
自己評価1
課題2 観光名所と呼ばれるような場所へ赴く。
自己評価2
課題3 ベトナム人の暮らしを直接見る。
自己評価3
今後の課題
リスニング力を向上させたい。また、声調をうまく発音できず、相手に自分の言いたいことが通じなかったので、発音も頑張りたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
ベトナム語の単語量をもっと増やしておくべきだった。
直面した問題
ベトナム語で、自分の言いたいことを伝えられない時、英語でつたえようと思っても英語が通じる場所が少なかった。
逆に、英語が話せる店員さんばかり居るお店では、ベトナム語を使っても、英語で返された。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
私は入学してベトナム語を習い始めて3か月で短期留学しました。このことは非常によい経験でした。ベトナム語を学ぶモチベーションが非常に上がりましたし、現地の人たちの暮らしぶりを知ることが出来ました。
短い期間とはいえど、実際現地に赴くいい機会なので、このショートビジット留学をうまくいかしてください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.