基本情報

留学先国   ト ル コ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 アンカラ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 西アジア・北アフリカ
地域言語・専攻語 トルコ語
留学時の学年 1
プログラム名 Tomer
留学期間(開始) 2014-06-30
留学期間(終了) 2014-07-25
この留学にかかった費用の合計 30万

留学前

留学の目的 トルコ語が実際に話され、自分でトルコ語を話さなければ生活が出来ない環境に身を置くことで、ネイティブが話す自然なトルコ語に触れ、トルコ語の聞き取り能力を向上させ、また、相手とトルコ語である程度まで意思疎通を図れるレベルまで自分のスピーキングの技術を上げることや、語彙を増強し、文章を流暢に読みこなせるレベルに到達することを目的とした。
必要な語学力
英語TOEFL 知らない
英語その他
その他言語
  知らない
情報収集方法
友人
先輩
先生
その他
参考になるHP 俺が聞きたい
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 先生方がやっておいてくれた(そもそもこの時期まだ留学のことなんて知らなかった)
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 要らない
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 ネットで手配
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 要らないはず
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 大学の授業
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 AIU
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 トルコ語をトルコ語で習う
感想 この時期にその授業を理解できるほどの能力がついているはずもなくちんぷんかんぷんであった
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 350ユーロ
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 10~15分(1Km)
宿舎手配方法 先生に聞いて下さい(学校で申込み)
居住場所の近隣にあった施設 銀行
スーパー
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
ベッド(共有)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
クローゼット(共有)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 ・広かったなとは思いました
・食事は野菜を主体とした料理、朝、夜のみ
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 うかつに1人で出歩かない
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 色々売ってた
図書館についての評価
図書館についてのコメント なかったよ・・・
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント なかったよ・・・
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 色々売ってた
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 親切だったとは思う
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント なかったよ・・・
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ひたすら周辺を散策。トルコ語学習
Weekend(休日の過ごし方) さまざまな観光地に旅行した。カッパドキアやサフランボルなど。
おすすめスポット・旅行先など 旅行先はやはりカッパドキアをおすすめする。日本にはない、その自然の巨大さにはただ圧倒されるばかりであった。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 トルコ語の向上
自己評価1
課題2 忍耐力を付ける
自己評価2
課題3 ここに書き尽くせることではない
自己評価3
今後の課題
もっと学習し、トルコ語で抽象的な議論を出来るレベルにまで高めたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
一ヶ月、異邦に滞在するという覚悟
直面した問題
やはり語彙が貧弱であったこと。そして文化の違い、だと思われる。日本では交通施設の時刻表はほぼ間違いなく守られるが、トルコにおいては当てはまらない。数時間の遅延を考慮に入れつつ、予定を立てるべきであると思った。
他に直面する問題として考えられるのはお腹の弱い人は確実に最初の一週間は腹を壊し続けるので、覚悟が必要であると思う。ストッパなどの薬を常に携帯しておくと良いと思われる。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
全く興味がない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
意思疎通が図れないことが多く、かなり苦しむだろうが、それはそれで体験すべき貴重な経験であるので、是非とも留学はすべきであると思う。言葉は通じないかもしれないが、親切な人は多い。困ったら素直に助けを求めるのが良いと思われる。とにかく留学は素晴らしいものであるので、恐怖に負けずに是非、体験してもらいたい。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.