基本情報

留学先国   韓  国
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 延世大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 東アジア
地域言語・専攻語 朝鮮語
留学時の学年 2
プログラム名 韓国語と文化
留学期間(開始) 2014-08-03
留学期間(終了) 2014-08-27
この留学にかかった費用の合計 25万円程度

留学前

留学の目的 韓国語の運用能力を高めることはもちろん、現地で生活することで、韓国の文化や生活習慣、韓国の人々の考え方などに触れ、韓国についてより深く理解するきっかけとしたかった。
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他
その他言語 なし
  なし
情報収集方法
友人
HP
パンフレット
その他 留学経験者のブログ等
参考になるHP 特になし
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 インターネット
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 なし
航空券を準備した時期 1月
航空券準備方法 楽天トラベル
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 なし
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 単語帳や日常会話の本を用いて語彙力の強化に努めた
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 ジェイアイ傷害火災保険
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 平日は9:00~13:00まで50分×4コマの授業を行う。土日は授業なし。留学初日に行われたクラス分け試験の結果によって1級から8級までの八段階にレベル分けされ、授業はすべて韓国で行われる。基本的に1,2時間目が文法、3,4時間目が会話の授業で、教科書に沿って授業は進められる。
感想 延世の語学堂は文法中心だという噂を聞いていたが、実際は読む・聞く・話す・書く練習が非常にバランスよく取り入れられていたと思う。授業自体も和気あいあいとした雰囲気で、楽しみながら勉強できた。また、文化体験として韓国料理作り、ハンコ作り、ミュージカル観覧を楽しむことが出来た。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 560000ウォン
支払い方法 事前に振り込み
部屋人数(人部屋) 2人部屋
家族・同居人(人) 0
門限 あり
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 5分
宿舎手配方法 事前にネットで申込み
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
有線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 設備等はあまり新しくはなく、正直快適とは言い難いが、最低限の生活が出来るようにはなっている。ただ、立地条件はいいとは言えず、学校までも徒歩では20分坂を下らなければならないので、毎朝シャトルバスで通っていた。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 寮は山の中にあるので夜は暗い道を通らなければならなかった。大学周辺は人通りも多いが、週末は酔っ払いが多いようである。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 安くておいしいが、いつも混んでいるのが難点
図書館についての評価
図書館についてのコメント 驚くほどとても大きくきれいな図書館だった。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 語学堂内のwifiは電波状況が悪いことも多々
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 語学堂地下にコンビニがあったのである程度の品は購入可能
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント メールでの問い合わせに日本語で対応してくれた
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用できるものは特になかった。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 13:00に授業終了後、友達と昼食を食べ、その後カフェに行って予習復習をしたり、買い物に出かけたりした。
Weekend(休日の過ごし方) 友達と平日は行けない少し遠いところに地下鉄に乗って遊びに行った。
おすすめスポット・旅行先など 新村駅周辺
カロスキル
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 韓国語を話すことに慣れる
自己評価1
課題2 積極性を身に着ける
自己評価2
課題3 韓国の文化に触れる
自己評価3
今後の課題
韓国語を話す機会があれば、積極的に参加し、恥ずかしがらずに堂々と韓国語を話せるようになりたい。また、習った文法を積極的に使用し、定着させるように心がけ、ワンパターンな表現ではなく、様々な表現や言い回しが出来るようになりたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
もっと語彙力を伸ばしていくべきだった。
直面した問題
現地の人に話しかけられたとき、焦ってしまい、なかなかうまく会話することが出来なかった。
環境が合わず、風邪をひいてしまった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
住居については事前によく調べたうえで決定する必要がある。疲れが溜まると体調を崩しやすいので、常備薬は大目に持って持っていくべきである。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.