基本情報

留学先国   ベトナム
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ハノイ国家大学・人文社会科学大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 東南アジア第2地域
地域言語・専攻語 ベトナム語
留学時の学年 1
プログラム名 東京外国語大学夏季ベトナム語研修
留学期間(開始) 2014-07-05
留学期間(終了) 2014-08-01
この留学にかかった費用の合計 約20万円

留学前

留学の目的 ベトナム語運用能力の向上
現地の文化に触れ理解を深める(海外での長期生活を通して様々な経験を積むこと。)
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
  とくになし
情報収集方法
友人
先輩
先生
その他
参考になるHP 外大のHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 1月
協定校への申込み方法 大学側が申請
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 ベトナム大使館への訪問
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 旅行会社を通じて
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けず
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 大学の授業、家庭での学習
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 ジェイアイ傷害火災保険
その他特記事項1 6月
その他特記事項内容1 その他の準備内容(荷造りなど)
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 午前中はベトナム語によるベトナム語の授業
午後は企業訪問、観光など社会科見学
感想 企業訪問などはベトナムの経済事情などを学ぶ上で大変ためになるものだった。
語学研修も最初は速いベトナム語に苦労したがだんだん慣れて非常にいい経験となった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホテル
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 旅行代金に含まれる(ルームシェア、食事は朝食のみ)
支払い方法 旅行会社
部屋人数(人部屋) 2人
家族・同居人(人) 1人
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
バス
大学までの通学時間 タクシーにて10分(3キロ)
宿舎手配方法 旅行会社を通じて
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
郵便局
その他の近隣施設 飲食店など
住居にあった設備 机・椅子(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(共有)
バスタブ(共有)
洗面台(共有)
有線インターネット(共有)
無線インターネット(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 ランクの高いところではなかったが気さくなホテルの方たちと共に楽しい日々が過ごせた。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 ぼったくり、スリ
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 食堂なし
図書館についての評価
図書館についてのコメント 図書館なし
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント やや悪い
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 売店・ブックストアなし
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 留学支援室の方に優しくサポートしていただいた。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント スポーツ施設なし
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 工場見学、企業訪問、観光など
Weekend(休日の過ごし方) 世界遺産やリゾートなどの観光(ハロン湾
市内観光etc)
おすすめスポット・旅行先など ハロン湾
ニャチャン
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ベトナム語運用能力の向上
自己評価1
課題2 ベトナムの文化に積極的に触れ理解する
自己評価2
課題3 ベトナム人の友人を作る
自己評価3
今後の課題
さらなるベトナム語運用能力の向上。
様々な時事に関心を持ち知識をつける。
英語を学ぶ。
日本で準備すべきだったと感じたこと
もっともっと単語を覚えていかないといけない
直面した問題
英語が通じない人が多いため、ベトナム語の能力は不可欠、片言のベトナム語ではだめだと感じた。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
しっかりと現地のことを調べ特に治安や法律、気を付けることなど、基本を身に着けてからいってほしい。
思いっきりやってきてください。
行ってみないと気づかないことがあるから。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.