基本情報

留学先国   ミャンマー
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ヤンゴン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 東南アジア第2地域
地域言語・専攻語 ビルマ語
留学時の学年 1
プログラム名 INTENSIVE MYANMAR COURSE
留学期間(開始) 2014-08-04
留学期間(終了) 2014-08-22
この留学にかかった費用の合計 約20万円

留学前

留学の目的 語学力の向上と実際に現地の生活や文化に触れるため。
語学力の強化と4カ月学んできたことだけで、どれだけやっていけるか試すため。
必要な語学力
英語TOEFL とくになし
英語その他 日常会話程度
その他言語 ビルマ語
  日常会話と授業を聞き取れるレベル
情報収集方法
先輩
先生
その他
参考になるHP http://www.arukikata.co.jp/country/asia/MM/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 先生方に手配していただいた
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 大使館にて取得
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 オンライン予約
予防接種を受けた時期 6月
予防接種の種類 A型肝炎・破傷風
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 授業で使うテキストの予習・復習
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 両親に加入してもらった
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 ビルマ語の基本的な授業や文化、歌、お菓子作り、伝統楽器の演奏など。
Myanmar Language Speaking Skill, Reading Skill, Literature, Culture,music instrument.

感想 日本でやる授業とは違って新鮮でおもしろかった。
とくにお菓子づくりはとても楽しかったし、外語祭に役立つと思った。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 500ドル(食事つき:キャンティーンにて)
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) 2または4人
家族・同居人(人) 3人
門限 あり
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 徒歩15分
宿舎手配方法 先生方に手配していただいた
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
その他の近隣施設 飲食店
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
ベッド(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 水浴び場
居住環境の感想 比較的きれいだったが、よく断水した。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 道路を渡るの危険
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 食堂はあったが利用はしなかった
図書館についての評価
図書館についてのコメント 利用しなかった
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 接続が非常に悪い
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント なかった
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント サポートがよすぎて逆に困った
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用しなかったが、立派なものがあった
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 門限が6時だったため、5時に授業が終わるとすぐに寮に帰り、夕飯を食べ、そのあとは自由時間またはミャンマー舞踊(?)を習った。
Weekend(休日の過ごし方) エクスカッションで動物園やスーパー、市場などいろいろな所に連れて行ってもらった。
おすすめスポット・旅行先など ボージョーアウンサンマーケット
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 聞き取り
自己評価1
課題2 話す
自己評価2
課題3 市場などでの値段交渉
自己評価3
今後の課題
圧倒的に単語力が足りなかったので、単語力をつける。
恥ずかしがらないで、間違ってもいいから積極的に会話する。
日本で準備すべきだったと感じたこと
もう少し単語力をつけていけばよかったと思った。
直面した問題
雨季だったので服が乾かなかったし、そのせいで服が臭かった。
 →ファブリーズなどを準備、現地でアイロンを調達
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
現地の人とたくさん話せたほうが楽しいし、勉強にもなる。
だから出発前に少しでも多く単語をおぼえたほうがいい。
食べ物が脂っぽいので友達とシェアしたりして食べたりしておなかを壊さないようにしたほうがいい。
それから日本とのギャップに驚く(生活環境とか)かもしれないけど、いい経験だと思って頑張ってほしい。
不自由なことも多かったが、とても有意義な時間が過ごせた
郷に入っては郷に従え!住めば都!
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.