基本情報

留学先国   カ ナ ダ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 レジャイナ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 東アジア
地域言語・専攻語 中国語
留学時の学年 2
プログラム名 ショートビジットプログラム
留学期間(開始) 2014-08-05
留学期間(終了) 2014-08-29
この留学にかかった費用の合計 およそ55万

留学前

留学の目的 今までずっと日本で勉強してきたが、それが世界で通用するのか確かめたかったとともに英語力の向上、異文化体験をしてみたかったから。
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他 なし
その他言語 なし
  なし
情報収集方法
先生
HP
その他
参考になるHP 学校のHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 2月
協定校への申込み方法 学校経由で申し込んだ
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 ビザは必要なかった
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 インターネット
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けなかった
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 TOEICを受けた
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 AIU
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1 なし
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2 なし

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 最初の一週間はオリエンテーションでレジャイナの博物館や市役所に行った。二週間目から授業が始まりプレゼンテーション、ディベート、グラマーなどを勉強した。毎日お昼の時間に約一時間レジャイナ大学の学生と会話の時間があった。
感想 日本人が多かったのはとても嫌でした。特に違う大学から来ている人とのレベルがかなり違うのでクラスは違うと言えども気にかかりました。8月は夏休みなのでしょうがないですがもっとたくさんのカナダ人と出会いたかったです。ですがクラスのレベルはとても高く、自分の意識があがりました。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 授業料と合わせて払ったので詳細は分からない(三食付)
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 一人
家族・同居人(人) 四人
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 バスでおよそ20分(およそ3キロメートル)
宿舎手配方法 学校を通して
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 ホストファミリーの方がとても親切で、何一つ不自由なく暮らせました。毎日話しかけてくれて、いつも気にかけてくれました。赤ちゃんがいたので人によるとは思いますが、私にとってはかなり楽しく過ごせました。帰国が近づくにつれて帰りたくないという思いが強くなって寂しかったです。ホストファミリーが大好きだったのでこのまま一年いられるという感じでした。一番の思い出です。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 いくら治安がよいと言えどもホストファミリーが家の鍵をかけないで外出するのは少し心配でした。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント お店の数はちょうどよかった
図書館についての評価
図書館についてのコメント オリエンテーションで一回訪れたが、利用はしなかった
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント つながりやすかった
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 商品が豊富だった
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 緊急事態はサポートしてくれるように言ってくれた
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント お金がかかるので利用しなかった
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友達と学校の近くのレストランに行ったり、ショッピングに行ったりした。ホストファミリーと買い物に行くこともあった。
Weekend(休日の過ごし方) ホストファミリーと過ごすことが多かった。子どもがいたので公園に行くことが多かった。
おすすめスポット・旅行先など レジャイナだけのアイスクリームのお店があります。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語力を上げる
自己評価1
課題2 異文化理解
自己評価2
課題3 友達をつくる
自己評価3
今後の課題
一か月では思うようには英語の力は上がりませんでした。なのでこれからも日本で勉強を続けることが必須だと感じました。
日本で準備すべきだったと感じたこと
英語の勉強。勉強すればするほどよい。
直面した問題
英語力の足りなさ。
日本人が多かったのでがっかりした。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
母の強い勧めと自分のほんの少しの興味で短期留学することに決めましたが、私は海外に一カ月いた経験もなかったし日本が最も安全だと思い込んでいたので留学手続きをするにもなかなか意欲的になれませんでした。ですが実際に行ってみてカナダの開放的な雰囲気、現地の人の温かさなどを感じてすぐに緊張がほぐれました。何といっても私はホストファミリーがとても親切で、一番の思い出です。
海外に留学することに興味はあるけど勇気が出ないという方も思いきって踏み出してみてください。英語力はもちろん、たくさんの人との出会いや日本にはない雰囲気が体験できます。
一か月は短いですが自分を変えるチャンスです。私は英語科ではありませんがとても気に入ったので、これを機に英語圏への長期留学を決めました。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.