基本情報

留学先国   ト ル コ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 アンカラ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 西アジア・北アフリカ
地域言語・専攻語 トルコ語
留学時の学年 1
プログラム名 サマーコース
留学期間(開始) 2014-06-30
留学期間(終了) 2014-07-25
この留学にかかった費用の合計 約20万

留学前

留学の目的 語学力の向上、専攻語地域の風土や文化について理解を深めること、海外生活
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他 特になし
その他言語 トルコ語(日常会話程度)
  英語
情報収集方法
先生
その他
参考になるHP 東京外語大SVのHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 先生にしていただきました
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 必要なし
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 航空会社HP(ターキッシュエアラインズ)
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けてません
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 授業
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 損保ジャパン(生協HPより)
その他特記事項1 6月
その他特記事項内容1 住居探し方法(語学学校の担当者がホームステイ先を割り振ってくれました)
その他特記事項2 6月
その他特記事項内容2 生活必需品の用意

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 トルコ語によるトルコ語の文法、会話、リスニング等の語学授業
感想 聞く力がとても強化されたように思います。授業にはトルコ語を話すことができるけれど読み書きはできない、といったレベルの人が数多く参加しており、彼らの間でなされる会話についていくことは非常に困難でした。なんとか聞き取ろうとして、コース終盤には少しだけ会話ができるようになったように感じました。ただ、教師が来ず授業が始まらなかったり、突如校舎が変わったりと色々困惑することがあり、ちゃんとしろよと幾度も思ったので星4です
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 350ユーロ(食事は朝・夕付)
支払い方法 直払い
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 3人
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 徒歩15分(1.2 km)
宿舎手配方法 必要ありませんでした
居住場所の近隣にあった施設 病院
スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 家の人が親切で、ものすごく困ったことはありませんでした。毎週BBQを開いてくださり自分たちを楽しませようとしてくださったのはありがたかったです。ただ、料理がだんだん口に合わなくなり、それをうまく伝えられずたくさん盛られてしまうので正直ご飯の時間がつらかったです。また、なぜか途中からシャワーを2日に1回しか使わせてもらえなくなり(それでも多いと言われました)、日中暑くてもさっぱりできずに苦しみました。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 ・物乞いに付きまとわれることがある ・女性は非常に声をかけられる
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 安かったです
図書館についての評価
図書館についてのコメント なし
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント なし
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 安かったです 軽食がメイン(本はありませんでした)
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 基本的に要求したことは答えてくれました。とても優しい教師に担当してもらったため、授業はとても分かりやすかったですが、急に校舎が変更になったり、授業開始時間になっても授業が始まらなかったりと雑なところがすこし気になりました。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント なし
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友人と観光したりカフェで話したりしました。ほぼ毎日宿題があったので遅くまで外に出ることはせず夜は部屋で宿題をしました。
Weekend(休日の過ごし方) 友人と計画して少し遠くまで観光しました。宿やバス手配も自分たちで行い、苦労しました。1か月の滞在で、3回週末に観光旅行をしました。
おすすめスポット・旅行先など サフランボルという町がとても気に入りました。街並み全体が世界遺産に登録されており、歴史を感じられる歩いているだけで楽しい町でした。人も親切な人が多く、売店などでは「コンニチワ」と声をかけてくれました。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 語学力向上
自己評価1
課題2 トルコの文化・風土について理解を深める
自己評価2
課題3 海外での生活を経験
自己評価3
今後の課題
語彙を増やすこと、リスニング力の向上。
日本で準備すべきだったと感じたこと
家族の写真など自分の家族構成を説明するためのものを持っていくべきだったと思いました。
直面した問題
体調不良…ほぼ全員おなかを壊して下痢になりました
連絡手段…高額になるため携帯は使用できませんでした。その代わりの手段がなかったために一度トラブルになりました。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
期間は短いけれど行ってみる価値はあると思います。春学期だけの学習でもなんとかなりました。やはり授業で学ぶだけでなく実際に話されているのを見ることは刺激になりますし、さっと言葉が出るようになると思います。留学へ行く際はぜひ楽しんでください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.