基本情報

留学先国   アメリカ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 カリフォルニア大学サンディエゴ校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 北アメリカ
地域言語・専攻語 英語
留学時の学年 2
プログラム名 Conversation and Fluency Program
留学期間(開始) 2014-08-04
留学期間(終了) 2014-08-29
この留学にかかった費用の合計 80万

留学前

留学の目的 英語力の向上、様々な考え方に触れて視野を広げること
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他
その他言語
  なし
情報収集方法
HP
パンフレット
その他
参考になるHP UCSanDiego Extensionのホームページ
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 Eメール
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 インターネット
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 インターネット
予防接種を受けた時期 6月
予防接種の種類 なし
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 授業
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 UCSD medical insurance
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 授業時間は9:00〜12:40で100分×2コマです。冠詞・前置詞・イディオム・受動態などの文法事項の説明、ディスカッション、物語などのライティング、劇の制作・実演など。ペアワークが多いので、授業内で話す機会は多くあります。宿題はほとんどありませんでした。
感想 授業が午前中だけというのは少し物足りなく感じられました。文法事項の説明は簡単なものも多かったです。ディスカッションでは色々な意見を聞くことができて興味深かったです。ライティングでは想像力が求められます。全体を通して和気あいあいとした雰囲気で楽しい授業です。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 $1890(4週間)
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 5分
宿舎手配方法 インターネット
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 1つの部屋の中にベッドルームが4部屋あります。広くてきれいで過ごしやすいです。インターネットが時々不安定です。食事はメニューが毎日ほとんど変わらず、味もあまり期待しない方が良いです。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 治安はとても良いです。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 寮の食堂は毎日メニューがほぼ同じであまりおいしくありません。レストランもいくつかあります。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 私はあまり利用しませんでした。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 不安定なことがしばしば。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 広くてUCSDグッズがたくさんあります。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 分からないことは気軽に質問できます。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント ジム・プールがあります。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ビーチに行ったり、ショッピングに行ったり、水族館に行ったり、カヤックに乗ったり、おやつや夕食を食べに行ったり。午後はフリーで楽しい場所がたくさんあるので、毎日出かけていました。
Weekend(休日の過ごし方) ハリウッド・ユニバーサルスタジオ・ディズニーランド・シーワールド・コロナド島・プールなど、遊びに出かけました。
おすすめスポット・旅行先など 週末にロサンゼルス観光は絶対おすすめです。平日は、パジフィックビーチ・ラホヤビーチ・オールドタウン・シーワールドなど。特にパシフィックビーチからの夕日は必見です。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 授業に集中する
自己評価1
課題2 多くの人と知り合う
自己評価2
課題3 できる限り英語を使う
自己評価3
今後の課題
会話力を向上させるためには、自分で語彙を増やすことが必要だと感じました。日本でもできるだけ英語を話す機会を自分で作っていきたいと思います。
日本で準備すべきだったと感じたこと
普段から、考えていることや話したいことを英語にしてみる練習をすると有効だったのではないかと思います。
直面した問題
思ったよりも日本人が多く避けることは不可能でした。正直こんなに日本語を使うとは思いませんでした。また、どうしても国ごとにまとまりがちになってしまうのは仕方がないのだろうかと思いました。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
行く前にできるだけ情報を入手して、具体的なイメージをつかんでいくと良いと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.