基本情報

留学先国   チ ェ コ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 プラハ・カレル大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 チェコ語
留学時の学年 2
プログラム名 チェコ語サマースクール
留学期間(開始) 2014-07-07
留学期間(終了) 2014-08-01
この留学にかかった費用の合計 覚えていません

留学前

留学の目的 生きたチェコ語に触れたいと思ったから。
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他
その他言語 チェコ語
  なし
情報収集方法
友人
先生
HP
その他
参考になるHP 大学HP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 ネット
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 必要ない
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 ネット
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けてない
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 授業に力を入れるようにした。
海外旅行保険に加入した時期 5月
加入した海外旅行保険会社名 覚えていません。
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 4週間にわたるチェコ語の授業で、少人数型。
9時から13時半まで授業。
放課後アクティビティーは自由参加制。
週末の遠足も自由参加。
感想 最初、小テストみたいなもので語学力別に分けられますが、思ったより下のクラスに入れられたと感じてしまいました。
内容的にはもう一つ上の授業に入りたかったかな。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 大学ホームページ参照
支払い方法 授業料とともに事前振込み
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人) 自分含めて2人
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 食事は出ないので、自炊あるいは外食
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント よい
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 15分
宿舎手配方法 学費とともに振込
居住場所の近隣にあった施設 病院
スーパー
その他の近隣施設 公園、ブルタバ川
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 交代制で寮の管理人さんがいて、出入りするときは部屋の鍵をあずけるので、思ったよりとても整備されていて驚きました。
1人タオル二枚用意されていた。2週間に一回はタオルを交換してくれる。網戸がないので、夜は多少暑くても窓を閉めたほうが、虫が入ってこない。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 川沿いのお店は酔っ払いがいる。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 扇風機がなく、暑い
食堂についての評価
食堂についてのコメント 夏休みなので、食堂はやってなかった
図書館についての評価
図書館についてのコメント 私が学んだ校舎は教室がたくさんあるだけで、図書館はなかった
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 特に言うことなし、たまに接続悪い
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 行かなかったのでわからない
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント わからないことは聞けば対応してくれた
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント そんなものはなかった
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業の予習復習、仲間と観光、ショッピング、寮のキッチンで仲間と料理、散歩
Weekend(休日の過ごし方) 授業の予習復習、先生同行の参加自由の遠足、仲間と観光、単身赴任中の家族と会う
おすすめスポット・旅行先など ブルタバ川に浮かぶ小さな島は公園になっていて、心地いい場所で地元民も愛用。
寮の裏の丘の上には、チェコ偉人たちが安らかに眠る墓地があり、観光客は案外いる。墓地の隣には教会もあり、密かなおすすめスポット。丘の上からプラハの街並みが見渡せる。

電車賃が日本より安いため利用すべき。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 学校外でもチェコ語を話す
自己評価1
課題2 他国からのクラスメイトとはなるべく英語を使わず、チェコ語で話す
自己評価2
課題3 チェコ語の日記を書く
自己評価3
今後の課題
日本にはチェコ人があまりいないため、チェコ語を聞いたり話す機会が少ない。これは自ら努力するしかない。
日本で準備すべきだったと感じたこと
チェコで売っている服は日本人サイズがほとんどないので、向こうで服のお買いものすればいいと思わない方がいいかもしれない。
夜は涼しいので、薄手の上着があるとよい。
直面した問題
普段は体が丈夫だが、ふと油断したのか、風邪をひいてしまい、熱が出た。薬をあまり多く持っていなかっただが、すぐ直った。体温計を持っていた子がいて、貸してもらった。風邪薬は多めに準備するべき。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
実際にプラハに一か月住んでみて、治安はいいと思ったが、観光客が多いとこではスリにご注意。
私が出会った先生方はとても親切でよかった。
レストランやお店では積極的にチェコ語を話す練習になりました。
これを読んでチェコのこと少しでも気になったら、ぜひメールください。お答えできる限りのことは伝えます。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.