基本情報

留学先国   アイルランド
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 アイルランド国立大学コーク校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 東南アジア第1地域
地域言語・専攻語 インドネシア語
留学時の学年 1
プログラム名 ショートビジット
留学期間(開始) 2014-08-05
留学期間(終了) 2014-08-22
この留学にかかった費用の合計 1193€

留学前

留学の目的 海外から学びに来る人や現地に住む人たちと英語でコミュニケーションをとること。
必要な語学力
英語TOEFL 特に無し
英語その他 特に無し
その他言語 特に無し
  特に無し
情報収集方法
友人
HP
その他
参考になるHP 外大のホームページ
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 直接大学に連絡
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 特に必要無し
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 インターネットからの予約
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 特に必要無し
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 リスニング
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 株式会社損害保険ジャパン
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 通常のコース+ビジネスイングリッシュ
感想 通常のコースはレベル別の授業で有意義な授業でしたが、ビジネスイングリッシュは二段階のクラスしかなく、上のクラスは難しすぎ、下のクラスは簡単すぎで、取るのを途中でやめてしまいました。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 405€
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 0
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 15分
宿舎手配方法 大学に直接連絡
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
その他の近隣施設 ファーストフード店、公園
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 テレビ、ソファ(共有)
居住環境の感想 静かでとても良い環境でした。シティセンターにも歩いていける距離なのがうれしかったです。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 暗くなると道が真っ暗になるので一人では歩かないほうが良いです。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント 私は利用していないのですが、美味しそうでした。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 広くて綺麗でした。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 教室内での無線LANがつながりにくかったです。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 売店にはお土産がたくさんあって充実していました。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 先生方がとても親切に相談にのって下さりました。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 大学の徒歩圏内に無料で使えるジムがあり、そこでロッククライミングを出来たりして楽しかったです。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) クラスメートの人たちと話したり、近場を観光したりしました。最終週にクラスのムスリムの友人の家族が伝統的な料理をふるまってくれて楽しかったです。
Weekend(休日の過ごし方) 電車やバスに乗って少し遠出をしました。自分たちで行き先を決めてゆっくり動けて楽しかったです。
おすすめスポット・旅行先など コーブにあるタイタニック博物館が面白かったです。移動する時の車窓からの景色も綺麗でした。
あとはシティセンターのバトラーズカフェもおすすめです。少し高いですが、チョコレートドリンクがとても美味しいです。
シティセンターでミュージカルが20€ほどで観られたのもよかったです。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 とにかく他国の人と英語で話すこと。
自己評価1
課題2 語彙力を上げること。
自己評価2
課題3 他国の友人を作ること。
自己評価3
今後の課題
いかにモチベーションを落とさず、英語の勉強を頑張るか、が課題です。
日本で準備すべきだったと感じたこと
やはり、もっと積極的に授業中に発言することに慣れておきたかったです。クラスでも日本人は授業中他国の生徒に比べて発言が少なめでした。
直面した問題
クラスに日本人が多すぎて、日本語で話してしまうことも少なからずありました。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
アイルランドの人たちも大学の人たちも温かく、とても親切な人たちばかりです。
困ったときには躊躇わずに助けを求めれば、誰かが必ず助けてくれるので、留学中に積極的にいろいろなことに自分でチャレンジするのが良いと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.