基本情報

留学先国   韓  国
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 延世大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 東アジア
地域言語・専攻語 朝鮮語
留学時の学年 2
プログラム名 三週間短期課程
留学期間(開始) 2014-08-04
留学期間(終了) 2014-09-26
この留学にかかった費用の合計 20万円

留学前

留学の目的 韓国語の上達
海外生活の経験のため
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他
その他言語
  なし
情報収集方法
友人
先輩
HP
その他
参考になるHP 語学堂ホームページ、留学体験者のブログ
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 6月
協定校への申込み方法 ホームページ
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 なし
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 楽天トラベルで
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 なし
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 学校の教材
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 AIU保険会社
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 最初にレベル分けテストが行われ、個人に合うレベルのクラスに配属された。授業はすべて韓国語で行われた。平日の9時から13時まで授業があった。
延世大学語学堂専用の教科書を使って授業が進められたが、大変わかりやすい内容であった。
感想 初めての留学ということで、最初は大変緊張したが、徐々に慣れていき、先生が話す韓国語も時が経つにつれてより正確に聞き取れるようになっていった。
クラスメイトは半分日本人であり、日本語で話してしまう時間も多かったことが少し残念であった。
ただ先生がとてもいい人であり、授業もよかったので、☆3つの評価である。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 1か月5万円
支払い方法 銀行
部屋人数(人部屋) 2人
家族・同居人(人) 1人
門限 あり
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 5分
宿舎手配方法 ネット
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
郵便局
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
ベッド(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
有線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 乾燥機
居住環境の感想 水まわりの汚さが気になったが、全体的にはよかった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 夜は明かりが少ない
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント バランスがとれていて健康的だった
図書館についての評価
図書館についてのコメント 設備が整っていた
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント よかった
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 品揃えがよかった
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 親切に答えてくれた
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 行かなかったが友人いわくよかったそうだ
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友人とごはんを食べに行ったり、部屋でゆっくりしたり、買い物をしたりした。
Weekend(休日の過ごし方) 遠出して観光した。
おすすめスポット・旅行先など 学校周辺の新村はとてもいい住みやすい街だった。
新沙はおしゃれなお店がたくさんあり、楽しかった。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 日常会話ができるようになる
自己評価1
課題2 語彙を増やす
自己評価2
課題3 いろんな国の人と話す
自己評価3
今後の課題
やはり語彙を増やすことである。
日本で準備すべきだったと感じたこと
語彙を増やすこと。
直面した問題
語彙不足によるコミュニケーションの難しさ。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
3週間はあっという間に過ぎてしまうけど、必ず素敵な経験になると思います。
語彙不足だと伝えたいことも伝えられないので、ぜひ増やしてから行ってください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.