基本情報

留学先国   ニュージーランド
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 オークランド大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 西南ヨーロッパ第2地域
地域言語・専攻語 ポルトガル語
留学時の学年 1
プログラム名 Global English Plus
留学期間(開始) 2014-08-04
留学期間(終了) 2014-08-29
この留学にかかった費用の合計 50万円

留学前

留学の目的 英語運用能力の向上
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他
その他言語
  なし
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP 大学のHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 HP
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 必要ありませんでした
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 インターネット
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 なし
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 単語など
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 AIU海外保険
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 能力別少人数の英語学習プログラムで、授業内ではリスニングをしたり、様々な国籍の友達とディスカッションをしました。
感想 授業では音楽のような身近なテーマから、難民といった自分にはあまりなじみのないものまで取り上げられました。一見とっつきにくいようなテーマでも、ゲームをしたり、自分の国について教えあったりしながら、楽しく学習できました。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 週262.5NZD
支払い方法 払込み
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) ホストマザー、ファザー、シスター、ブラザー、ブラジル人
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 朝食は自分で適当に食べる、昼食は自分で買う形でしたが、夕食は毎日用意してくれました。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 問題ないと思います。
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 40分
宿舎手配方法 大学側が手配してくれました。
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
本棚(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 家でwifiを使えたのが便利でした。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 早朝と夜は危ないから気を付けるようにと言われました。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 夏休みということもあって日本人が多かったですが、様々な国から来た友達と授業を受けることができるのは良かったと思います。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 人が多いと座れません。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 大学の図書館を使うことができますが、貸し出しに制限がありました。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント wifiがつながりにくいです。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 基本物価は高いです。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント ホームステイの手配からクラスの移動、大学との連絡まで、様々なことで助けてもらえました。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 私は利用しませんでしたが、大学のジムを割引価格で使用できます。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 学内で映画を観たり、街中を散歩したりしました。
Weekend(休日の過ごし方) ホストシスター、ホストブラザーの試合をみたり、ツアーに参加しました。
おすすめスポット・旅行先など Kiwiツアー
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 一生懸命しゃべる
自己評価1
課題2 友達をたくさん作る
自己評価2
課題3 挑戦する
自己評価3
今後の課題
自分の国の政治や文化についてもっとしっかり知りたいです。
日本で準備すべきだったと感じたこと
なし
直面した問題
ホストファミリーと連絡を取りたいときに、使える携帯を持っていなかったのが不便でした。長期滞在する場合は、NZで安い簡単ケータイを買うのが良さそうです。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
NZでは、kiwi(ニュージーランド人)だけでなく、いろんな国の人に出会えます。ですが、語学学校となると、日本人が多く、気を抜くと日本語に頼ってしまうことも。そのことを考慮したほうがいいと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.