基本情報

留学先国   イギリス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ロンドン大学東洋・アフリカ研究学院
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 北西ヨーロッパ
地域言語・専攻語 英語
留学時の学年 2
プログラム名 Intermediate Reading and Writing
留学期間(開始) 2014-08-18
留学期間(終了) 2014-09-05
この留学にかかった費用の合計 1850GBP

留学前

留学の目的 ライティングの訓練をすると共に、他の留学生とも積極的にコミュニケーションをとりスピーキングの能力を高める
必要な語学力
英語TOEFL 68
英語その他 IELTS, overall 5.0(スコアの提出必要無し)
その他言語
 
情報収集方法
HP
パンフレット
その他
参考になるHP http://www.soas.ac.uk/ifcels/summer/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 3月
協定校への申込み方法 オンライン
ビザ申請を始めた時期 8月
ビザ申請方法 入国時に空港で申請
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 旅行代理店にて購入
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 株式会社エイチ・アイ・エス
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 先生は二人。毎日午前(10:00-12:00)にWriting、昼休みを挟んで午後(13:00-15:00)にReadingの授業が2時間ずつあり、それぞれ途中に10分程度の休みが設けられていた。
Writingでは大学配布の教科書に沿って授業が進められ、Readingではそれに加えてTED・BBCドラマなど映像教材も私用された。宿題は教科書の問題やessay(100-800words)など。
感想 クラスは全10人中6人が日本人だった。少人数ではあるが、積極的に発言するよう心がけないと英語を話す機会は少ない。Readingでもessayの宿題が出ます。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 700GBP/3週間
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人)   
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント  
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント  
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 20分
宿舎手配方法  
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 電気スタンド、せっけん、シャンプー(小さい)、トイレットペーパー(2ロール)、バスタオル・フェイスタオル(1枚ずつ)
居住環境の感想 シャワーはトイレ内にありますがカーテンがついているのみで床に仕切りなどはありません。
スリッパやハンガーなどを持っていくといいかと思います。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 荷物をそのへんに放置しない
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント   
食堂についての評価
食堂についてのコメント 品数は多くないもののメニューは日替わりでした
図書館についての評価
図書館についてのコメント パソコン・コピー機利用可
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 教室内ではWiFiが繋がりにくいようです
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント  
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント  
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用していないので不明
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業の予習・復習、買い物
Weekend(休日の過ごし方) 観光(ロンドン市内、オックスフォード)
おすすめスポット・旅行先など 本屋、劇場、スーパー(食品を土産にするなら安上がりです。紅茶とか)
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ライティングを強化する
自己評価1
課題2 なるべく授業中黙らない
自己評価2
課題3 日本人以外の留学生と交流する
自己評価3
今後の課題
引き続きライティングの訓練をする。毎日英語のリスニングをする。
日本で準備すべきだったと感じたこと
直面した問題
体調不良。自分だけでなく、多くの日本人留学生が風邪をひくなど体調を崩していた
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
ロンドン市内に滞在するならOyster Cardを購入しておくと便利です。空港で入手できます。
加えて、イギリスは8月からすでにかなり涼しくなるので上着を持参された方がよろしいかと。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.