基本情報

留学先国   チ ェ コ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 プラハ・カレル大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 チェコ語
留学時の学年 2
プログラム名 チェコ語コース
留学期間(開始) 2014-07-07
留学期間(終了) 2014-08-01
この留学にかかった費用の合計 45万円程度

留学前

留学の目的 語学力の上達、文化に触れる事
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
  特になし
情報収集方法
先生
HP
その他
参考になるHP 特になし
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 インターネット
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 ビザ不要
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 旅行会社
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期 5月
語学強化方法 授業の予習などの時間を多くとった
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 JTB
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 チェコの文化というよりもチェコ語の上達という事を目的としたコースであった。放課後には様々なプログラムが用意されており、映画鑑賞やチェコの画家ミュシャの美術館に行くなどといったものもあった。週末には先生引率の(引率でない場合もあった)遠足のプログラムもあり、言語と文化を同時に学ぶことが出来た。
感想 日本でのチェコ語の授業とは違って時間にも余裕があるため、日本では駆け足で学習し、理解不足であった部分なども含め全体的に丁寧に学習することができ、良かった。放課後や週末のプログラムも充実しており、日本では出来ないような体験をすることが出来て満足している。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホテル
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 10万円
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 2
家族・同居人(人) 0
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 野菜も豊富にとれ、栄養バランスがとりやすかった
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント とてもきれいで気持ちよく使うことができた
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 20-30分程度
宿舎手配方法 インターネットにて
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
その他の近隣施設 パン屋さん
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(共有)
無線インターネット(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 プラハ市内の中でも中心地に位置していたため、交通の便も非常に良く、学校に近いのはもちろん、土日に遠足に行った場合でも、すぐに帰る事が出来、体力的に非常に助かった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 貴重品の管理は徹底的にするべき
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 気持ちよく学ぶことが出来た
食堂についての評価
食堂についてのコメント 外観のみしかみれなかった
図書館についての評価
図書館についてのコメント 外観のみしかみれなかった
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 繋がらない時もあった
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 感じのよい店主がいた
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 対応が迅速で勝つ丁寧であった
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 外観のみしかみれなかった
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) プラハ市内観光。カレル橋やヴァーツラフ広場、プラハ城は放課後に行ける範囲内。
Weekend(休日の過ごし方) 時間があるため、少し遠出をした。チェスキー・クルムロフという小さな町ややカルルシュテイン城などに電車で出掛けた。
日頃の授業などの疲れをとるためホテルでゆっくりしていることもあった。
おすすめスポット・旅行先など プラハ市内から往復8時間のところにあるチェスキー・クルムロフという小さな町。こじんまりとしていて、景色は本当に素晴らしい。お土産も充実している。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 聞く能力、話す能力をあげる
自己評価1
課題2 チェコ文化に触れる
自己評価2
課題3 海外生活に慣れる
自己評価3
今後の課題
単語力不足が露呈した。日頃の授業で出てきた単語などを着実にものにしていきたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
週末の旅行の計画などを立て、予め沢山調べておく必要があった。結果的には上手く運べたが、その分疲れもたまってしまい、計画性は重要だと感じた。
直面した問題
洗濯機がホテルに無く、また近くにもなかったため、自分たちで自力で洗うしかなかった。海外で慣れない事も多い中、負担にはなった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
日本でチェコ語を勉強しているだけでは見えてこない部分や体験できない部分が沢山ある。実際に自分で赴くことは大切であると思う。また、たとえ自分の学んでいる言語の国でなくても海外に行く事は一つの良い経験になると思う。日本では当たり前のことが当たり前ではなかったり、日本を離れてみて感じる事は多くある。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.