基本情報

留学先国   イギリス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ロンドン大学東洋・アフリカ研究学院
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 西南ヨーロッパ第1地域
地域言語・専攻語 フランス語
留学時の学年 2
プログラム名 IFCELS Summer Progaram 2014
留学期間(開始) 2014-08-18
留学期間(終了) 2014-09-05
この留学にかかった費用の合計 70~80万円

留学前

留学の目的 英語運用能力の向上
他国籍の学生との交流
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
  特になし
情報収集方法
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP http://www.bing.com/search?q=SOAS&form=FJSUTX&pc=MAFSJS&mkt=ja-jp&scope=&pq=soas&sc=0-0&sp=-1&qs=n&sk=
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 インターネット
ビザ申請を始めた時期 4月
ビザ申請方法 ビザは不要
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 旅行会社
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 特に受けていない
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 TOEIC対策
海外旅行保険に加入した時期 4月
加入した海外旅行保険会社名 全国大学生協共済
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 ドキュメンタリー、広告、映画などについてのレクチャーと各トピックについてのチュートリアル。
各レクチャーに対して予習の時間一時間、復習の時間二時間が設けられている。
感想 予習、復習の時間が充実していてわかりやすかった。
チュートリアルの時間にはトピックに関して疑問や気になる点について自由に質問できた。
日本人が多いので意識的に英語を使う必要があった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 約12万円
支払い方法 オンライン決済
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント スーパーの野菜はおいしくない。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 比較的きれいで住みやすい。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 約30分
宿舎手配方法 インターネット
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 自動販売機
居住環境の感想 部屋は一人で住むには十分広い。
窓はあまり大きくなく、洗濯には乾燥機を使った。
シャワーの性能が低く、少し不便だった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 特に日本と変わらない印象でした。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 売店も食堂も設置されていた。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 他に比べて安いがおいしくはない。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 印刷に手間がかかる。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 学内でも所々つながらないところがあった。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 必要なものは基本的に売っている。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 学習を支援する環境が整っている。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント スポーツ施設は目にしなかった。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 観光
課題
Weekend(休日の過ごし方) 観光
ロンドンの外にも行ける。
おすすめスポット・旅行先など フットボール観戦
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 なるべく日本語と同じように英語を話す。
自己評価1
課題2 単語力の向上。
自己評価2
課題3 他国籍の学生との交流。
自己評価3
今後の課題
日本でも英語の授業中には積極的に英語を話す。
日本で準備すべきだったと感じたこと
自分の話す英語に自信を持てるように日ごろからの準備が必要だった。
直面した問題
英語以外を母語とする人の英語が正確に聞き取れない。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
一か月弱でしたがあっという間に過ぎ去ってしまうのでなるべく多くの時間を他の学生と過ごせるようにすると効果的です。特定の目的を持っていると短い時間でも価値のある経験になります。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.