基本情報

留学先国   ロ シ ア
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 モスクワ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 ロシア
地域言語・専攻語 ロシア語
留学時の学年 2
プログラム名 2cities-2universities
留学期間(開始) 2014-08-18
留学期間(終了) 2014-09-14
この留学にかかった費用の合計 約60万円

留学前

留学の目的 生きたロシア語と接して自らのロシア語運用能力を向上させること、またロシアの文化・歴史・伝統を体感すること。
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他 ロシア語を一年以上学習していること
その他言語 なし
  なし
情報収集方法
先生
その他
参考になるHP http://www.jic-web.co.jp/study/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 2月
協定校への申込み方法 email
ビザ申請を始めた時期 6月
ビザ申請方法 旅行会社に仲介して頂いた
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 旅行会社に仲介して頂いた
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期 8月
語学強化方法 教科書を復習
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 AIU海外旅行保険
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 ロシア語でロシアの文化(建造物等)に関する文章を読み、授業後にその内容に沿った遠足が行われる。授業中は「日本の場合はどうか」「あなたはどう思うか」といった事に関して先生と会話する。
感想 先生の善し悪しで授業の理解度が大きく左右された。ロシア語の学習というよりは、ロシアの文化学習なので決して会話が出来るようになる授業ではなく、自らの意欲や吸収力を存分に生かす必要があると感じた。美術館や教会見学、モスクワ近郊への小旅行などが組み込まれていて、その点ではとても充実していた。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
ホテル
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 不明
支払い方法 授業費等とまとめて先生に手渡しした
部屋人数(人部屋) 2人部屋
家族・同居人(人) 4人
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 食堂等はなく自炊か外食
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 冷蔵庫がなかった
大学までの通学手段
大学までの通学時間 メトロと徒歩で40分程度
宿舎手配方法 大学側
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 冷蔵庫とインターネット環境がなかったこと以外に特に気になる点はなかった。外観は古いが家具等はしっかりしていた。当初決められていた寮と変更になったため食堂が付属していなかったのは少し残念だった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 22時以降は出歩かない事、酔っぱらいには近づかない事
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 薄暗くてあまり好きになれなかった
食堂についての評価
食堂についてのコメント 基本的にはどれもおいしく値段も妥当だった
図書館についての評価
図書館についてのコメント なかった
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 特定の場所でしか繋がらない
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント なかった
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 全面的に守られていた
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント なかった
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 遠足が夕方まである日がほとんどだった。そうでない日は行きたい場所へ友人と行った。夕飯を作り風呂等を済ませ、予習をすると一日が終わった。
Weekend(休日の過ごし方) 丸一日暇な休日は二日しかなく、あとは一泊二日の小旅行などが組み込まれていた。
おすすめスポット・旅行先など ベルニサージュというお土産市場が非常に楽しかった。アルバート通りなどより安く種類も豊富だった。バレエやサーカスはぜひ見に行くべき。血の上の救世主教会は訪れた数々の教会の中で最も美しかった。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ロシア語力向上
自己評価1
課題2 ロシアの文化を肌で感じる
自己評価2
課題3 一年留学を検討する
自己評価3
今後の課題
語彙力の向上
日本で準備すべきだったと感じたこと
文法、語彙
直面した問題
日本の歴史や文化について話す機会が多かったが、語ることが出来るほどの知識がなかった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
文法や語彙力の向上は日本で出来ます。このSVの重点は文化学習に置かれているということを理解して検討してほしいと思います。ロシアは奥が深い国。最初はカルチャーショックだらけでもだんだんと愛着が沸いてきます。楽しんでいってきてください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.