基本情報

留学先国   ニュージーランド
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 オークランド大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 3
所属学部 国際社会学部
地域 北西ヨーロッパ
地域言語・専攻語 英語
留学時の学年 3
プログラム名 Global English Plus
留学期間(開始) 2014-08-04
留学期間(終了) 2014-09-12
この留学にかかった費用の合計 約80万

留学前

留学の目的 来年から一年派遣(もしくは私費)留学を希望しているが、いきなり留学は少々不安だったので、この時期にショートビジットでスピーキングとリスニングに多少なりとも慣れるため。また、夏休みを無精に過ごすことのないようにするため。
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他 なし
その他言語 なし
  なし
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 留学支援室の助けを借り、自分で申し込む
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 ビザは不要
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 親に頼んだ
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けてない
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 TUFSの言語モジュール、「ニュージーランド英語」を聴く
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名 留学先の大学の保険に加入
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 クラスを6段階に分け、教科書をベースにしながら英語4技能(+文法、単語)の能力を伸ばすように工夫されていたように思う。しかし先生によってクラスの進行は異なる。また二時間目の授業は、IELTS、ビジネス、スピーキング等のクラスから自分の希望するものを選ぶ。
感想 ペアでトピックについてディスカッションするなど、英語しか話せず聞くことのない環境にいるのは良かったが、リーディング内容や単語、教えられる文法などは非常に簡単で退屈であった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 一週間NZ$220
支払い方法 cashまたはcard
部屋人数(人部屋) 3
家族・同居人(人)
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント ふつう
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 学生アパートの場合、トイレ、シャワー、キッチンは共同
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 約5分
宿舎手配方法
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 インターネットを使うには別途料金が必要。ランドリーはあるが、洗濯と乾燥にそれぞれNZ$3かかるので高い。ドライヤーその他は備え付けられていないので困った(アイロンはレセプションで貸出している)。ルームメートが自分の友人・恋人を連れてきて騒ぐので、非常にやかましい時が多々あった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 夜は比較的静かだが出歩かないほうが無難。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 良くも悪くもない
食堂についての評価
食堂についてのコメント 利用してない
図書館についての評価
図書館についてのコメント 広くて本を探すのが面倒
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 非常に悪い
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 広くて町の本屋で買うより安い
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用していない
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友達とご飯を食べに行く。
帰って昼寝したり読書。
ルームメートと話す。
Weekend(休日の過ごし方) 美術館・博物館など近くにある観光場所に行く。
クイーンストリートを歩く。
おすすめスポット・旅行先など キーウィハウス
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語を積極的に話す
自己評価1
課題2 友達を作る
自己評価2
課題3 怠けない生活をする
自己評価3
今後の課題
日本でできる英語の勉強を続けてやる。単語や文法などはそれを英語で説明できるようにする。発音をもっと意識する。
日本で準備すべきだったと感じたこと
リスニング
直面した問題
ニュージーランドに到着する日を間違えた。そのためアパートにまで連れて行ってくれる人もおらず(あらかじめ頼んでおいたのに)、アパートのチェックインにも一日遅れたので名前が無いと言われた。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
物が比較的高く外食すると費用がバカにならないので、アパートに住む場合は料理ができるようにしておいたほうがいいと思う。またコンビニは全然便利でもなく、街中に自動販売機は皆無。オークランドはニュージーランドで一番賑やかな場所らしいが、その割には閑散としている。向こうは冬~初春なので朝・夜は寒いが、そのままの格好でいると昼は結構暑い。また突然雨が降ってくることもしょっちゅうなので、傘は必須。なぜかはよくわからないけど、中南米と中東からの人が多かった(もちろんアジア人も多い)ので、標準英語にだけ慣れていても聞き取りにくいことがしばしばある。日本人が多いので、日本語を使わないようにしようとしても難しい。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.