基本情報

留学先国   ロ シ ア
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」) なし
大学名 モスクワ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合) なし
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 ロシア
地域言語・専攻語 ロシア語
留学時の学年 2
プログラム名 Two capitals Two universities
留学期間(開始) 2014-08-18
留学期間(終了) 2014-09-14
この留学にかかった費用の合計 53万(うち10万円奨学金)

留学前

留学の目的 ロシア語科として、一年半ロシア語を学んできた成果を出したい。
行ったことがない国にいくことで新たな発見をしたい。
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他 なし
その他言語 なし
  なし
情報収集方法
友人
先輩
先生
HP
パンフレット
留学支援共同利用センター
その他 なし
参考になるHP 大学のホームページ
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 6月
協定校への申込み方法 メール
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 旅行会社の代行
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 旅行会社の代行
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けてません。
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 単語帳を買い、語彙強化
海外旅行保険に加入した時期 8月
加入した海外旅行保険会社名 AIU
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1 なし
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2 なし

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 3週間モスクワ、1週間ペテルブルク。授業だけでなく、遠足も。
感想 遠足が多すぎて自分の行きたいところに行ける時間があまりなかった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
ホテル
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか? なし
家賃 なし
支払い方法 プログラムに含まれている。
部屋人数(人部屋) 2
家族・同居人(人) 0
門限 あり
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 寮では食事は配給されない。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント ホコリがすごい。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 地下鉄
宿舎手配方法 プログラム代行
居住場所の近隣にあった施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設 服屋
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 ガスコンロ。オーブン。(電子レンジ無し)
居住環境の感想 寮・・・あまり綺麗ではない。風呂とトイレは汚いといってもよい。部屋はホコリがすごく、ぜんそくをおこしそう。だが、次第に慣れる。
ホテル・・・朝のビュッフェは不味い。昼と夜は食事が出ないが、料理を作る設備(ガスコンロなど)は一切無いため、毎日外食の必要があった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 スリ。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント ロシア人が少ない。中国人と韓国人と日本人が大半。
食堂についての評価
食堂についてのコメント メニューを選べば、とても美味しい。煮た肉とジャガイモが一番美味しい。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 行ってない。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント つながる場所だけつながる。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 売店の、パンが美味しい。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント なし。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント なし。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 遠足or帰宅
Weekend(休日の過ごし方) トヴェリへ小旅行。たまに何もない日もあった。
おすすめスポット・旅行先など クレムリン。赤の広場。モスクワ動物園
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ロシア語を話す
自己評価1
課題2 ロシア人の生活文化を知る。
自己評価2
課題3 無事に帰る。
自己評価3
今後の課題
ロシア語を話す際に、単語レベルで言うのではなく、正しい文法で話せるようになりたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
語彙強化をもっとすべきだった。文法の確認も足りなかった。
直面した問題
食糧がない。腹痛。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
全く興味がない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
このプログラムは、遠足や小旅行など、いろいろ含まれており、その分参加費が高くなっているとおもいます。もし語学だけを伸ばしたいと思うなら、必ずしもこのプログラムでなくてもいいと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.