基本情報

留学先国   ス イ ス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ジュネーヴ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 3
所属学部 国際社会学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 チェコ語
留学時の学年 3
プログラム名 Cours d'été de langue française
留学期間(開始) 2014-08-04
留学期間(終了) 2014-09-22
この留学にかかった費用の合計 約50万円

留学前

留学の目的 フランス語学習の1つの区切りとして。
必要な語学力
英語TOEFL 必要なし
英語その他
その他言語
  必要なし
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP http://www.unige.ch/lettres/elcf/coursete/index_en.html
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 web上で申し込み
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 必要なし
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 web上で購入
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 必要なし
語学強化を始めた時期 4月
語学強化方法 授業への出席
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 損保ジャパン
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 午前の文法・会話・リーディング・ライティングを総合的に扱う10人前後のクラス
+午後の講義・音楽・文法・会話・ライティング・発音のいずれか1つを扱う大人数のクラス(発音は少人数で開講・いずれのクラスも日替わりで開講し受講は任意)
+平日午後~夕方の遠足(有料)
感想 午前のクラスについて:先生が生徒に忍耐強くわかりやすく説明し、また授業中はフランス語だけを使うことを求められ、会話力の向上に非常に役立った。1人の先生が3週間通して受け持ったので授業が一貫しており、クラスのメンバーも徐々に打ち解けていき良かった。
午後のクラスについて:1つの授業、たとえばライティングならライティングを3週間通して1人の先生が担当したため、授業内容が一貫していた。多くの先生のフランス語を聞くことができた。発音の授業はかなり少人数で、且つIPA記号を用いて発音の規則性を細かく解説する高度なもので、このような授業を受けたことはなかったので驚き感動した。
遠足について:料金が高かったのであまり参加しなかったが、レンタルバイクで郊外にチーズフォンデュを食べに行く回は楽しかった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
その他
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか? Graduate Institute of International and Development Studies学生寮を又貸しで
家賃 1日当たり約5000円
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) なし
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 自炊
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 2週に一度の清掃があった
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 トラムで10分+徒歩5分
宿舎手配方法 Airbnb
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
その他の近隣施設 国連、レマン湖が徒歩圏
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 コモンルーム、自動販売機、ゴミ捨て場、ジムなど
居住環境の感想 キッチンは2人で共有だったが相手が帰省していたので1人で使用していた。建物は築2年(と聞いた)、レマン湖を臨む自室も、国連の見えるキッチンも広く清潔で設備が整っており、テラスがあり、学生寮のため勉強するスペースも十分、雰囲気も気楽で良かった。ジュネーブ自体が小さな街なので大学までも近く便利だった。国連近くだったので商業施設などは離れており、スーパー、公共施設は大学付近のものを利用した。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 ヨーロッパのほかの都市より治安が良く清潔。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 広い公園が目の前にある。
食堂についての評価
食堂についてのコメント スイス全体に言えることだが、値段が高かった。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 図書の持ち出しはできないが、閲覧・学習は自由。天井が高く美しかった。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 学内wi-fiのコードがもらえる。どこでもよくつながるがよく切れる。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 食べ物だけを扱う売店があった。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント サマーコースの担当の人は言わないと助けてくれないが、言えば親切に助けてくれた。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用しなかった。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 午後のコースの後は、旧市街や湖畔を散歩・買い出し・自炊・洗濯・宿題をした。
Weekend(休日の過ごし方) 散歩・フランスまでサイクリング・テレビ・自習など
おすすめスポット・旅行先など サマーコース終了後にドイツ語圏まで旅行した。ジュネーブの近くを自転車を借りて小旅行するのも楽しいと思う。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 フランス語で会話すること
自己評価1
課題2 授業中に発言すること
自己評価2
課題3 単語を自習すること
自己評価3
今後の課題
まだ実用に耐えるレベルのフランス語の力はないので、大学の授業で(初心者のフランス語を理解して修正してくれる先生の前で)積極的に発言すること。
日本で準備すべきだったと感じたこと
特になし
直面した問題
物価の高さ
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
全く興味がない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
気負わず楽しんでください。せっかくヨーロッパへ行くなら、たとえ一人でもぜひ色々なところへ旅してください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.