基本情報

留学先国   アメリカ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 カリフォルニア大学サンディエゴ校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 東アジア
地域言語・専攻語 中国語
留学時の学年 1
プログラム名 4 week conversation&fluency
留学期間(開始) 2014-08-04
留学期間(終了) 2014-08-29
この留学にかかった費用の合計 約80万円

留学前

留学の目的 英会話能力の向上、現地でしか出来ない体験をすると同時に、他国出身の学生との交友関係を広げる
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
  特になし
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP http://extension.ucsd.edu/department/elp/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 オンラインによるフォーム登録
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 申請していない
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 オンラインによる予約
予防接種を受けた時期 7月
予防接種の種類 ツベルクリン反応
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 ニュースで英会話を購入
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 UCSDが出す保険
その他特記事項1 7月
その他特記事項内容1 寮に申請
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 英会話の授業。初日にテストを受けるが、やや簡単。英語能力がある程度高い学生には物足りないと思われる。ただし、授業内容は英語で劇を台本から考えてつくったり、詩の朗読を行ったりなど、様々なスキルを要求するものが大きい。
感想 一番レベルの高いクラスの日本人は8人中7人が外大生という結果に。なお、クラスの人数も19人なのでそもそも日本人が多く、残りの半分はほとんど中国人学生であったため、お世辞にも国際色豊かではない。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 約20万円
支払い方法 クレジットカードによる決済
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 0人
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 朝食は毎朝同じである
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 米国としては標準的と考える
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 教室まで1~2分
宿舎手配方法 カードキー
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
その他の近隣施設 フードコート
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 新しく、綺麗である。
大学はビーチまで所有しているので、いつでも海に行ける。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 お店などが閉店する時刻が早い
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 広大なキャンパス、大学内で基本的になんでも出来る
食堂についての評価
食堂についてのコメント 野菜や米も食べることが出来るが、朝食は毎朝同じである。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 未来的な外観で綺麗かつ静か、巨大。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント つながれば快適、特に使用料の制限などもない模様
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント おみやげから日用品まですべて買うことが出来る
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 一度だけ送った書類を送っていないことにされた
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント プールのみ使用。不満はない
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 午後早く授業は終わるので、毎日観光に行くことが出来る。バスはucsdの発行するカードを見せれば無料で乗ることが出来るので、大変便利である。ただし、バスの本数は少なく、最終バスの時刻も早いため注意が必要。
Weekend(休日の過ごし方) 平日は行くことができない遠い観光地に行くことが出来る。UCSDがロスアンゼルスのテーマパークなどに行くプログラムを用意しているが、チケットは即刻売り切れるため、注意が必要。UCSDが用意するプログラム以外でロスアンゼルスなどに行くのは、車が運転出来ない限り極めて大変である。
おすすめスポット・旅行先など オールドタウン・サンディエゴ、空母ミッドウェー、コロナド島
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語能力の向上
自己評価1
課題2 交友を広げる
自己評価2
課題3 観光
自己評価3
今後の課題
引き続き英語能力の向上のため邁進する
日本で準備すべきだったと感じたこと
特に無い
直面した問題
ネイティブと話す機会が得にくいので、工夫が必要だと考える。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
英語に自信のある学生は、アカデミック・イングリッシュやビジネス・イングリッシュの授業を受講すると良い。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.