基本情報

留学先国   イギリス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ロンドン大学東洋・アフリカ研究学院
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 西南ヨーロッパ第2地域
地域言語・専攻語 スペイン語
留学時の学年 2
プログラム名 ショートビジット
留学期間(開始) 2014-07-28
留学期間(終了) 2014-08-15
この留学にかかった費用の合計 約40万円

留学前

留学の目的 英語力向上、長期留学の下見
必要な語学力
英語TOEFL iBT76以上
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP 以前SOASに留学していた人の掲示板など
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 大学のHPから
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 なし
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 旅行会社
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 なし
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 本を読む
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 AIU海外保険
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 グローバルビジネススタディーズ
週に2、3回の教授の講義を基に、ビジネス関係の英語の補助の授業やディスカッションをした。3週間のコースの最後には、グループに分かれてそれぞれの選んだテーマでプレゼンテーションをした。
感想 このコースに参加するにあたって、Toeflの目安はスコアは設定してあるが、実際にはスコアギリギリだと授業についていくのが難しいのではないかと思う。また、集まる人は社会人などもいて優秀な人が多く、その中でも英語で発言できる自信がないとついていけない。宿題も多く、充実した内容だった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 3週間で約12万円
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 0
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント ロンドンなら何でも手に入る
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 掃除をしてもらえる部屋もあったようです
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 20分
宿舎手配方法 インターネット
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 最初に割り当てられた部屋は、シャワーが出なかった。管理人に言えば部屋を変えてもらえる。
1人部屋には十分な広さで、清潔。ただ、枕やシーツが用意されている部屋と、されていない部屋があった。されていない場合、自分で購入するらしい。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 夜遅くに一人で歩くのは危ないかもしれない
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 最初は迷子になりやすい
食堂についての評価
食堂についてのコメント あまりメニューは豊富ではない
図書館についての評価
図書館についてのコメント 一部使えないところがあった
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 一部の教室は使えない
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 何でもそろう
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント とても良いです
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 使いませんでした
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) クラスメートとご飯を食べにいったり、一人で観光や買い物をしたりなど。
大学側が企画したboat tripに参加したこともあった。
Weekend(休日の過ごし方) 観光や、現地の知り合いと会うなど
おすすめスポット・旅行先など 一泊あればオックスフォードやケンブリッジのほうに行ける様だったが、ロンドン市内で観光するところがたくさんあった。
ミュージカルは特におすすめ。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ディスカッション
自己評価1
課題2 プレゼンテーション
自己評価2
課題3 コミュニケーション
自己評価3
今後の課題
プレゼンテーションスキルが乏しいことがわかった。他の人よりしゃべることが苦手であれば、十分に準備していくべき。たくさん経験して慣れていきたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
ビジネスのコースだったので、普段から新聞を読んだり、ニュースをよく見ておくべきでした。
直面した問題
日本人が多いクラスだと、固まりがち
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
SOASでは様々なコースが用意されてされています。自分が一番興味があるコースでも良いし、全く触れたことのない分野のコースを選んでも意外な発見がたくさんあると思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.