基本情報

留学先国   アイルランド
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 アイルランド国立大学コーク校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 3
所属学部 国際社会学部
地域 西アジア・北アフリカ
地域言語・専攻語 ペルシア語
留学時の学年 3
プログラム名 Intensive English Language Course
留学期間(開始) 2014-08-29
留学期間(終了) 2014-09-22
この留学にかかった費用の合計 約17万(航空券代含めず)

留学前

留学の目的 日常会話レベルまでの英語力上達
異文化に住む人との関わりで日本を客観的な視点で見る
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
  特になし
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP UCCのHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 メールでやりとり
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 ビザは不要だった
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 旅行代理店
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 英語のニュースサイトでリスニング強化
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 旅行代理店
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 かなり学術的な語彙や表現が求められ、リーディング、ライティング、リスニングが中心の授業だった。毎日焦点をあてる分野が違ったので飽きずに授業を受けられた。
感想 先生がよく話す方だったので、生徒中心でのディスカッションがあまりなかったのが残念だった。ただその分、長時間英語を集中して聞く力が求められたのでリスニングには最適だと思う。休み時間などを利用して生徒同士で話す機会は作れるので、自分次第で授業の内容をより濃いものに出来ると感じた。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 一週間€220
支払い方法 国際送金
部屋人数(人部屋) 1人1部屋
家族・同居人(人) 老夫婦と他の国の留学生2人
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 毎日美味しい料理を作ってくれた。食後にデザートが出ることも。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント ほぼ毎日部屋の掃除はしてくれるが、洗濯は週に一回のみ
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 15分
宿舎手配方法 大学の担当の方とメールでやりとり
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 私の部屋にはシャワーとトイレ、洗面台がついていたのでとても助かった。ただほかの部屋にはないようだったので、運がよかったようだ。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 特になし
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 広々としていて緑がたくさんあり快適
食堂についての評価
食堂についてのコメント 美味しいが値段は高め
図書館についての評価
図書館についてのコメント 静かな空間で勉強するには最適
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント WiFiが使えて便利
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント ほとんど利用しなかった
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント なにかわからないことがあればスタッフの方が丁寧に対応してくれた
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用していないのでよくわからない
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 図書館やパソコンルームで勉強したり、友人と街に出かけたりしていた
Weekend(休日の過ごし方) バスツアーを利用して1dayトリップに行ったりして、平日には行けないような遠い観光地に行った
おすすめスポット・旅行先など The Ring of Kerry(アイルランドでしか見れないような大自然に癒される)
Kinsale、cobh(小さな港街だが建物がとても美しい)
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語のニュースサイトを聞いてリスニング能力の強化
自己評価1
課題2 アイルランドの歴史や文化を調べる
自己評価2
課題3 語彙力強化
自己評価3
今後の課題
やはりまだリスニングの力不足を感じたので、これからも継続して英語に触れる機会をつくりたい。
また語彙力の不足もリスニング上達の妨げになっていると感じたので、様々な分野の英文に触れて語彙を増強したい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
リスニング力の強化
日本文化や社会保障など自国の情報を英語で説明できるようにすること
直面した問題
ホストファミリーの話し方に少し癖があって聞き取るのが難しかった。
少し学問的な内容の会話になると語彙が出てこず、うまく自分の意見を伝えられない。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
日本で出来るだけの英語力の強化(特にリスニング)をして臨むのがベスト。聞くことができないと話すこともできない。
また、外国人は自国の文化や政治、社会情勢などについてよく知っているので日本との比較を求められることが多い。日頃から新聞や本を読んで日本の正しい知識を外国人に伝えられるようにするべき。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.