基本情報

留学先国   ロ シ ア
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 モスクワ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 ロシア
地域言語・専攻語 ロシア語
留学時の学年 2
プログラム名 Two Cities,Two Universities
留学期間(開始) 2014-08-18
留学期間(終了) 2014-09-14
この留学にかかった費用の合計 50万円程度

留学前

留学の目的 一か月ロシアの大学に通うことで、ロシア語力を高める。ロシアでの生活や食文化がどのようなものかを経験する。また、さまざまな歴史的建築物を訪れることで、ロシアの歴史に触れる。
必要な語学力
英語TOEFL 無し
英語その他
その他言語
  無し
情報収集方法
友人
先輩
その他
参考になるHP 無し
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 6月
協定校への申込み方法 現地の大学の教授にメールする。
ビザ申請を始めた時期 7月
ビザ申請方法 JICを通して申請する。
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 JICに手配してもらう。
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けていない。
語学強化を始めた時期 7月
語学強化方法 教科書を一通り読む。
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 AIU
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 最初の三週間をモスクワ、残りの一週間をサンクトペテルブルクで過ごす。
授業はだいたい午前10時から午後1時まであり、そこからロシア人の教師と一緒に教会や大聖堂、美術館を観光する。
感想 最初の一週間は本当に長く感じたが、それからはあっという間に過ぎていき、モスクワの最後の一週間は時間が足りなくて行きたい場所をすべてまわることができないほどだった。
地下鉄の乗り方や教会でのマナーをロシア人教師が教えてくれたのがよかったと思う。
私のクラスはいい先生ばかりでとても熱心にいろいろなことを教えてくれたが、もう一つのクラスの先生は授業中にスマートフォンをいじるような人だったので、先生によって授業に対するモチベーションはだいぶ変わると思う。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 プログラムの学費に含まれている。
支払い方法 現金(ドル)
部屋人数(人部屋) 4人
家族・同居人(人) 無し
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 食事はついていません。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント お風呂がとても汚いです。
大学までの通学手段 徒歩
バス
大学までの通学時間 40分
宿舎手配方法 モスクワ大学の先生が手配してくれます。
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 寮は地下鉄の駅から歩いてすぐの場所にあったのでそこは便利だった。
寮の中ではインターネットが使えないので、インターネットを使わなければいけない用事がある場合は学校のWi-fiを利用するかカフェに行く必要があるのが不便だった。
私の部屋には洗濯機があったので洗濯ができたが、洗濯機がない部屋もあるので手洗いしなければならないので大変そうだった。また、冷蔵庫は友人の部屋のものを利用していたので取りに行かなければいけないのが面倒だった。
また、寮に入るには通過証が必要になるが、寮の管理人側のミスでたびたび止められて書き直させられるのが本当に面倒だった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 治安はいいが、午後10時以降は外出しないほうがいい。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 階段の昇降が少し大変だった。
食堂についての評価
食堂についてのコメント おいしいが、値段がわかりにくい。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 無し
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント ときどき繋がらなくなる。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント パンが安く売ってある。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 無し
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 無し
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 大型のスーパーマーケットで買い物をしたり、ヴィニルサージュでおみやげを買ったり、教会を訪れたりした。
モスクワ大学の学生証があればモスクワ大学本館にも入ることができる。
別のプログラムでロシアに来ている日本人の友人たちと一緒にアルバート通りをまわることもあった。
Weekend(休日の過ごし方) 基本的に土日はバスでの小旅行がプログラムに組み込まれている。
トルストイゆかりの地であるヤースナヤ・ポリャーナや、北西の都市トヴェリを訪れる。
おすすめスポット・旅行先など アルバート通り(モスクワ)
トレチャコフ美術館(モスクワ)
ヴィニルサージュ(モスクワ)
血の上の救世主教会(ペテルブルク)
ネフスキー大通り(ペテルブルク)
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ロシア語をたくさん話す。
自己評価1
課題2 ロシア人の友人を作る。
自己評価2
課題3 たくさんの名所を訪れる。
自己評価3
今後の課題
よりスムーズに会話したり、自分の意見を伝えるために、もっとたくさん単語を覚えていかなければいけないと感じた。
もっとロシア文学作品を読まなければいけないとも思った。ロシアは文学にゆかりのある名所が多く存在するので、ロシア文学の知識があればより楽しめただろうと思う。
日本で準備すべきだったと感じたこと
日本の文化(特に宗教が関係すること)について説明を求められることが多かったが、うまく答えられなかったので、きちんと説明できる程度に知識をつけておくべきだったと感じた。
直面した問題
サービスエリアで売られている肉のパイで食中毒を起こした。
インターネットが使えないので、待ち合わせている友人に会うのに30分以上かかった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
寮によって設備が異なってくるので、いろいろと準備しておく必要があります。
インターネットが使えないのはとても不便なので、携帯をレンタルするのもありだと思います。
食事を自分たちで作れば、かなりお金を節約できます。
トヴェリで会う学生たちはみな親切でとても人懐こいのですぐ友達になれると思います!
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.