基本情報

留学先国   スペイン
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 サラマンカ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 その他
地域 北西ヨーロッパ
地域言語・専攻語 スペイン語
留学時の学年 2
プログラム名 Cursos Internationales Universidad en Salamanca / Cursos en Verano
留学期間(開始) 2013-8-11
留学期間(終了) 2013-8-31
この留学にかかった費用の合計

留学前

留学の目的 語学力上達のため。現地のスペイン人に限らずクラスにいる様々な国から来た人々と交流を深めるため。
必要な語学力
英語TOEFL
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
先生
HP
その他
参考になるHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 留学先の大学のウェブサイトから申し込んだ
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法
航空券を準備した時期 4月
航空券準備方法
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類
語学強化を始めた時期 6月
語学強化方法 授業以外でも積極的にスペイン語にふれようとした
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 内容:スペイン語の文法の授業が必修」で毎日2時間、その後3時間の授業は選択制で会話や経済、歴史や美術など幅広い選択肢がありました。
感想 感想:クラスに日本人学少なく、他の留学生達も積極的にスペイン語を話す傾向にあったので、自分も自然にスペイン語で話すことができたし、やりがいも感じられました。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 1
門限 あり
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 20分
宿舎手配方法 ウェブサイト
居住場所の近隣にあった施設 銀行
スーパー
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 設備は整っていて快適そのものでしたが、ホストマザーとは上手にスペイン語で話せないこともあってあまり馬が合いませんでした。それでも大変お世話になったので感謝しています。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 お昼時や夕方になると人が増えるのでスリ等に注意。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント
食堂についての評価
食堂についてのコメント
図書館についての評価
図書館についてのコメント
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 学内の場所によりアクセスの良し悪しがあった。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) ・お昼ご飯をクラスメイトと食べに行く
・街の中を散歩またはサイクリング
・帰宅後は読書または昼寝
Weekend(休日の過ごし方) ・ゼコビアなど近隣の街へ遠足に行った
・普段行く機会のない街の外れまで散歩
・近くの洋服店などでショッピング
おすすめスポット・旅行先など ・ゼコビアは近いですし、街並みもとても綺麗で気に入りました。

留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ・コミュニケーション力を高める
自己評価1
課題2 ・語彙力を上げる
自己評価2
課題3 ・スペイン語学習の意欲を高める
自己評価3
今後の課題
・もっとスペイン語を話す機会を積極的に増やしていきたい
・文法にこだわらず、語彙力を高めたい
日本で準備すべきだったと感じたこと
・もっと日常的に使う単語やフレーズを覚えておけばよかった
直面した問題
・言いたいことがあっても語彙力が乏しいために苦労したことが多々あった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
語彙力に自信がなくても「伝えたい」という強い思いは必ず相手に通じます。たとえ自分の言いたいことが上手に伝えられなくても、たとえ相手の話すことが全く理解できなくても、そこで落胆せず必死に食らいついてください。その必死さは必ずいつか報われます。反対に、諦めてしまえばあなたの語学力がその後劇的に伸びることはないでしょう。言葉の壁は誰にだって最初は立ちはだかります。しかし、めげずに必死に頑張る人はいつのまにかその苦しみから解放されると思います。言語を学ぶ者同士お互い頑張っていきましょう。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.