基本情報

留学先国   アメリカ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 カリフォルニア大学サンディエゴ校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 北アメリカ
地域言語・専攻語 英語
留学時の学年 2
プログラム名 4week conversation and fluency
留学期間(開始) 2014-08-04
留学期間(終了) 2014-10-29
この留学にかかった費用の合計 40万円程度

留学前

留学の目的 日常的に英語に触れ、また話すことによってインプット、アウトプットの早さを高めること。また日常語や慣用表現を知ること。
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
  スペイン語が話せればなお楽しい
情報収集方法
パンフレット
その他 学校への問い合わせ
参考になるHP 大学のHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 3月
協定校への申込み方法 ホームページより
ビザ申請を始めた時期 5月
ビザ申請方法 アメリカ大使館の指示に沿って
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 オンラインでの予約
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 受けていない
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 主専攻の授業、ラジオ、雑誌などを通して
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 AIU
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 ディスカッションやスピーチといったアウトプットの要素であったり、ゲストスピーカーを招いての講演会を聞くことでリスニングを強化するなどの授業であった。
感想 重すぎることもなく、また授業の構成はいつも楽しいものだったので楽しく語学力を上げることが可能だと思った。ただ参加学生の国籍のバリエーションが豊富になるのはより高度な内容を扱う授業になる傾向はあると思った。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 1300ドル
支払い方法 現金
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 4人
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 味はとてもおいしかったが家族で一緒に食事することはなかった。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 特に気になることはなかった。
大学までの通学手段 徒歩
バス
大学までの通学時間 40分前後
宿舎手配方法 仲介会社を通して
居住場所の近隣にあった施設 銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 普通に宿として生活するには十分なものであったが、家族と話す機会をあまり持てる家ではなかったのでホームステイをする意義というところではあまり感じられないところであった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 あまり危なそうなところや狭い路地には入らない
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 設備などもしっかりと充実している
食堂についての評価
食堂についてのコメント 種類委が豊富であり味もよい
図書館についての評価
図書館についてのコメント 非常に大きくまた自習スペースも多い
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 充実しているが不安定なときもある
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 類語辞典なども置いてあり便利
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 質問すればしっかりと返ってくる
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 使ってないのでわからない
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 朝7時半頃に家を出てそのまま学校へ行ってお昼過ぎまで授業を受けた後、昼食を済ませて友達と観光へ行ったり宿題をやるなどしていた。
Weekend(休日の過ごし方) ダウンタウンの方へいったりビーチへ行くなどするか、近くのカフェでゆっくり読書をするなどしていた。
おすすめスポット・旅行先など ミッションベイで行われていたカヤックツアーなどはおもしろいと思った。また自分でやってはいないが、パドルボードも楽しそうだと思う。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 日常語の習得
自己評価1
課題2 会話スピードの向上
自己評価2
課題3 現地で友達の輪を広げる
自己評価3
今後の課題
日常的な会話はある程度のスピードでできるようになってきたので今後はアカデミックな内容であったり複雑な議論でもあまり止まることなく意見を発せられるようになる。
日本で準備すべきだったと感じたこと
お金:サンディエゴは観光地でもあり様々なアトラクションがあるので非常に楽しむことができるがそのほとんどには多くお金がかかるのであればあるだけよかったと思った。
直面した問題
サンフランシスコ空港でトランジットするとき、飛行機の間の時間を詰めすぎて税関を通る時間が足りず、換えの飛行機など自分で交渉しなければならなかった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
ビザ申請などを私は非常に遅い時期にやったのでいろいろ交渉したりしなければならず苦労したので、早め早めに準備を済ませる方がよいと思う。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.