基本情報

留学先国   ド イ ツ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」) 日本
大学名 ギーセン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 3
所属学部 国際社会学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 ドイツ語
留学時の学年 3
プログラム名 Internationaler Hochschulsommerkurs 2014
留学期間(開始) 2014-08-28
留学期間(終了) 2014-09-26
この留学にかかった費用の合計 約30万円

留学前

留学の目的 ドイツ語運用能力の向上、海外での生活を通じ見聞を広める
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他 特になし
その他言語
  特になし
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP http://www.uni-giessen.de/cms/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 1月
協定校への申込み方法 HPに掲載されたメールアドレスから申し込み
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 ビザ不要
航空券を準備した時期 1月
航空券準備方法 JTB
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 特になし
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 特になし
海外旅行保険に加入した時期 8月
加入した海外旅行保険会社名 JTB
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 レベル別のクラスに分かれ、9:00~10:30、11:00~12:30の授業を週5日。月曜と水曜には14:00~15:30にも授業があり、その他にもスポーツや合唱、ダンスのプログラムも週1日で開かれている。クラスによっては作文を提出したり授業内でプレゼンをしたりもする。また毎週土曜日には遠足があり、希望すればバスで連れて行ってもらえる(私の時はフランクフルト・ハイデルベルク・ライン川でした)。
感想 文法を学んだり文章を読んだりすることより、会話の比重が大きかったです。一般的に日本人の生徒は会話や文法や読解は比較的得意ですがリスニングは苦手なため、初めは授業についていくのに苦労しましたが、徐々に慣れていくことができました。世界中の様々な国から参加者が集まっていて、交流する機会も十二分にありました。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 約4万円
支払い方法 銀行振り込み
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 同じフロアに10人くらい
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 食事は出ません。キッチンは共用で、道具は自分で用意します。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 私が泊まった寮は古かったのであまり清潔ではなかったが、他の寮はもっときれいでした。
大学までの通学手段 徒歩
バス
大学までの通学時間 約25分
宿舎手配方法 大学側が指定
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 学生寮は3つあり、私が泊まった寮が一番古く、設備も悪かったようでした。10人ほどで2つのシャワーとトイレを共用していました。キッチンも共用で、道具は自分で準備する必要があったため、自炊するならフライパンやなべを現地で購入しなければなりません。インターネットは、40ユーロほどで各部屋で有線のものを使えます。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 駅やバーの近くには酔っぱらいがたむろしていて、少し近寄りがたい雰囲気でした。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 周りに緑が多く、広々としていて清潔です。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 安くて量が多く、味もそこそこおいしいです。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 立派な設備のある大きな図書館で、パソコンが利用できます。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 学内ならどこでも無料でWi-fiが利用でき、重宝していました。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 学内にカフェが併設されていました。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント メンターの方々がよく面倒を見てくださり、必要な情報も適宜与えてくれました。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント (利用しなかったのでよくわかりません)
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) スポーツ、合唱、ダンスの授業に出たり、バスで街へ出て食料を買ったり、寮に戻って宿題をしたり。寮の学生がよく集まってパーティを開いたりもしていました。
Weekend(休日の過ごし方) 土曜日は遠足に終日参加し、日曜日はお店もレストランもほぼ閉まっているのでのんびりしていました。
おすすめスポット・旅行先など 遠足はとても楽しかったのでオススメです。また、ギーセン市内に数学博物館と植物園があり、そこもおもしろかったです。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ドイツ語運用能力の向上
自己評価1
課題2 健康に過ごす
自己評価2
課題3 他の参加者との交流
自己評価3
今後の課題
ドイツ語を話す能力は、とにかくたくさん話して練習することでしか伸びないことを身をもって知ることができたため、日本でもどうにかしてドイツ語を話す機会を作っていく。
日本で準備すべきだったと感じたこと
初回の授業で先生の言っていることがほぼ聴き取れず、授業についていくのにとても苦労したため、リスニングの準備はいくらしてもし足りないということはないと思います。
直面した問題
ギーセン自体のどかで落ち着いた雰囲気で、人々も親切だったので特に困るような問題はなかったです。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
私は海外渡航自体初めての経験でしたが、ドイツの夏は気候も良いし、食べ物も安くておいしいし、リラックスした空気なのでとても快適に過ごせました。世界各地から色々な人々がドイツ語を学びに来ていたので、彼らと交流してたくさんのことを話したのもいい経験になりました。日本を外から見つめ直すこともでき、良いこと尽くめだったように思えます。是非、ちょっとばかりリスニングの練習をしてから、楽しんで行って来てください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.