基本情報

留学先国   ド イ ツ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ギーセン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 ドイツ語
留学時の学年 1
プログラム名 Internationalen Hochschulesommerkurs (インターナショナルサマーコース)
留学期間(開始) 2014-08-28
留学期間(終了) 2014-09-26
この留学にかかった費用の合計 2000€程度

留学前

留学の目的 ドイツ語力の向上、ドイツ語圏の実際の生活を身近に感じる。
必要な語学力
英語TOEFL 特になし。
英語その他 特になし。
その他言語 特になし。
  英語で日常会話が出来て、ドイツ語で挨拶程度が出来ればとりあえずはやっていけます。
情報収集方法
友人
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP ギーセン大学のドイツ語コースHP(http://www.uni-giessen.de/cms/internationales/sprachkurse/in/HSK)
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 ギーセン大学のHPから申し込み
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 ビザ不要
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 H.I.S.で予約
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 予防接種は受けていません。
語学強化を始めた時期 8月
語学強化方法 特に語学強化は行なっていません。前期の復習はしていました。
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 三井住友海上(インターネットで申し込み)
その他特記事項1 5月
その他特記事項内容1 入寮申込み方法:大学から来る指示のメールに従って、Eメールで申し込み
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 月曜から金曜までは毎日2時限のドイツ語の授業があり、月曜と水曜だけチュートリアル(遊びっぽいものがメイン)が3限にありました。ドイツ語の授業はレベル別にクラス分けされています。他にもオプションでさまざまなイベントやワークショップが開催されていました。詳しくは上記の大学HPで見ることが出来ます。
感想 全てドイツ語で行われる授業というのに最初は不安しかなかったのですが、段々と聞き取り能力も上がったし、文法もよく理解することができました。ドイツ語力の向上には確実に効果があったと感じます。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 323€+デポジット200€
支払い方法 国際送金
部屋人数(人部屋) 1人(希望で2人部屋もあり)
家族・同居人(人) 0人
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 寮で食事は出ません。昼はMensaで食べられるので、朝晩は大体自分で用意することになります。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント シャワーとトイレが個室にないのと、あまり綺麗でなく使用しづらいのが少しマイナス…。洗面台は部屋にありますが小さいです。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 約20分(そこまで遠くはありませんが、外大のように大学構内にあるわけではないので注意です。寮は1つではなく3か所にあり、そのどこかに入居することになるのですが、場所によって遠さがまちまちなので注意が必要です。3つのうち徒歩で通学できるのは私が居たEichendorffringの寮のみです。他はバス利用です。)
宿舎手配方法 大学から来るメールの指示に従い、Eメールで入居申込み。
居住場所の近隣にあった施設 銀行
スーパー
その他の近隣施設 レストラン、公園
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
洗面台(共有)
有線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 生活に必要なものは大体揃っていますが、シャワーとトイレが共有で、かつあまり綺麗でなかったのがなかなかきつく感じました。また机はありましたが電気スタンドのようなものはないので私は夜に勉強すると薄暗く感じました。あとはインターネットが有線のみなのには注意が必要です。寮は3カ所にあり、その寮によって大学への通学方法や設備が変わるのにも注意。寮がどこになるかは選べないと思われます。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 基本的にはとても治安がよく、夜に出歩いても大丈夫です。ただ最低限外国に居るという自覚を持って危機管理をすれば大丈夫だと思います。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント とても広くて建物間の移動が少し面倒でした。設備はそれなりに良いと思います。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 大学側から支給されるメンザカードに機械でお金をチャージして、それで会計します。現金は使えません。美味しいものは美味しいのですが、あたりはずれが激しかった印象があります。サラダが微妙…。メニューが日替わりなのは良かったです。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 1度しか入ってませんがそれなりに広く設備の整った図書館でした。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 学内ではWi-Fiが使えます。速度も問題なく快適に使えます。寮は有線インターネットのみなので注意。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント そもそもそういったものはなかったと思います。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 現地のMentorさんたちがサポートしてくれるので安心です。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント こちらもそういったものはないと思います。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 大学からそのまま歩いて寮に帰ったり、道の途中にスーパーがあるのでそこで買い物をして帰るのが基本でした。ほぼ毎日宿題が出るので毎日寮で勉強してました。
スーパーで買えないものを買ったり美味しいパン屋さんに行ったり、郵便局に行ったり外食をするときはバスに乗ってMarktplatzやBerlinerplatz等市の中心地に行って買い物をしたりしていました。
あとは、私は参加しませんでしたが、サマーコースで様々なオプションのワークショップやイベントをやっていたので、放課後はそれに参加していた人も多かったです。
市の中心地にはデパートや本屋、ゲームショップやカフェ、レストランなど様々な店があるので基本的に市の中心地に行けば大体の物は手に入りました。
また1度放課後に、ギーセンに近いのでマールブルクに観光に行ったりもしました。
Weekend(休日の過ごし方) 土日は友人と電車に乗って観光地に行っていました。また、サマーコース自体でも土曜日にExkursionを開催しているので、かなり安く観光することができます。私自身はハイデルベルクへのもののみ参加しましたが、別の週にはライン川周辺やフランクフルトへも行っていました。
おすすめスポット・旅行先など マールブルク、ハイデルベルク、ミュンヘン、フランクフルト、マインツなど色々な場所に行きましたが、Rothenburg ob der Tauberが丁度帝国自由都市祭をやっている時期で、とても楽しめました。観光地なので観光客にも優しく、街並みもとてもきれいで過ごしやすかったです。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 夏休みで忘れてしまっているだろうドイツ語を取り戻す、ドイツ語の予習をする
自己評価1
課題2 日常的に使えるドイツ語を覚える
自己評価2
課題3 様々な国の人と英語・ドイツ語で交流する
自己評価3
今後の課題
ドイツ語ももちろんのこと、英語力が不足していると感じた。コミュニケーション能力をもっとつけたいと思った。
日本で準備すべきだったと感じたこと
食器は現地で買えるだろうと思っていたのですが、実際あまり買いに行く余裕がなかったりどこに売っているのかなかなか発見できなかったので、日本で用意しておくべきだったと思いました。またインターネットは有線のみの利用にしようと思っていましたが、どうしても必要になる時は携帯のデータ通信を使うことになったので、ポケットWifiをレンタルした方が良かったかもしれません。あとは英語をもう少し出来るようにしておくべきでした…。
直面した問題
一度困ったのはインターネットが繋がらなかった時です。困って電話までしたのですが英語力が足りずなかなか解決出来ず…。結局2つあるポートのうち片方しか使えないようで、差し込む場所を変えたら解決しました。あとは寮全体と共同スペースのドアはオートロックなのですが、開け方に若干コツが必要で、最初は開けられずかなり焦りました。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
1年生ですし、特にアドバイスできる立場でもないのですが…来年以降の参考になれば。まず1年生の夏からいきなり専攻語圏に留学ってかなり勇気が要りますし、実際私も本当にやっていけるのか!?授業についていけるのか!?と不安でいっぱいでした。しかし実際行ってみれば、コースの授業自体はレベル別なので問題ありませんし、普段生活する分には挨拶程度のドイツ語と、英語がある程度出来ればどうにかなります。案外春学期に勉強したドイツ語が使えたりして、そういう経験はとても楽しいし、何よりドイツ語が常に周りにある状況におかれることで、ドイツ語が今まで以上に好きになったし、モチベーションがかなり上がりました。時間とお金が許すのであれば、思い切って1年から現地に行ってみるのもいい経験になるかと思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.