基本情報

留学先国   アイルランド
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」) エセックス
大学名 エセックス大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 3
所属学部 言語文化学部
地域 南アジア
地域言語・専攻語 ヒンディー語
留学時の学年 3
プログラム名 EELP
留学期間(開始) 2014-08-19
留学期間(終了) 2014-09-19
この留学にかかった費用の合計 約50万

留学前

留学の目的 英語の発音を向上させる
英語で話すことに慣れる
必要な語学力
英語TOEFL 40点くらいだったよな気がする
英語その他
その他言語
  なし
情報収集方法
友人
HP
その他
参考になるHP エセックス大学のHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 6月
協定校への申込み方法 ウェブから
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 必要なかった
航空券を準備した時期 6月
航空券準備方法 詳しい友人に安い便を聞いた
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 必要なかった
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 特になし
海外旅行保険に加入した時期 8月
加入した海外旅行保険会社名 出発前夜
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 グラマー&ボキャブラリー、
リスニング&スピーキング、
ライティング
感想 やや易しめの内容
日本人が多かった
IELTSを意識した授業内容
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 約11万
支払い方法 ネットバンキング
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人) なし
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント アフタヌーンティーは美味しい
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 清潔だった
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 10分
宿舎手配方法 ウェブ
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 新しい施設で部屋は綺麗だった
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 田舎なので夜になると暗い
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント ネット環境は十分。田舎だがのどかでいい大学だと思う。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 利用していないが高そうだった
図書館についての評価
図書館についてのコメント DVDのコーナーも充実していた
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 大学構内のWIFIは接続が遅かった
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 高い
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 返信が遅いこともあるが基本的に親切
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用していない
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 家でDVD鑑賞や大学側の取材するconversation clubに行った
Weekend(休日の過ごし方) 遠出した
おすすめスポット・旅行先など 遠く、交通費も高い旅になるが湖水地方 一度行ったがとても周りきれないのでまた行きたいと思うような場所。
カンタベリやドーヴァー。エセックスから比較的行きやすく歴史を感じることができる。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語の発音を向上させる
自己評価1
課題2 英語で話すことに慣れる
自己評価2
課題3 外国で友達を作る
自己評価3
今後の課題
英語で会話をすると非常に疲れるので、気が向かないときは留学生と交流の場となっているキッチンに行く時間帯をずらしたりして怠けてしまった。
また、バスの待ち時間などで初対面同士会話をしている人がいても、話を聞くので精一杯で会話に加わることができず、まだまだ壁を感じた。
日本で準備すべきだったと感じたこと
空港から大学までの電車切符は予約しておくべきだった
直面した問題
現金を使い切ってしまったとき。
カードの種類の問題で日本円が引き出せなかったので現金が不足してくると困った。特にオイスターカードの使えないバスに乗るときのための現金のために建て替えをして現金を集めた。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
・電車は予約しておくこと
・人気の観光地(湖水地方等)は一週間前にホテルを予約しておくこと
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.