基本情報

留学先国   イギリス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 エセックス大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 ロシア
地域言語・専攻語 ロシア語
留学時の学年 1
プログラム名 EELP(Essex English Learning Programme)
留学期間(開始) 2014-08-18
留学期間(終了) 2014-09-19
この留学にかかった費用の合計 70万円

留学前

留学の目的 英語力向上のため。イギリスの文化を体験するため。
必要な語学力
英語TOEFL 必要なかった
英語その他
その他言語
 
情報収集方法
HP
その他
参考になるHP 大学公式HP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 6月
協定校への申込み方法 個人で大学ホームページから
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 いりませんでした。
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 個人で
予防接種を受けた時期 5月
予防接種の種類 受けていません
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 特に留学のためにはしませんでした
海外旅行保険に加入した時期 8月
加入した海外旅行保険会社名
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 平日のみ一日に二コマか三コマ(一コマ100分)授業があります。Reading and Writing, Grammar and Vocabulary, Listening and Speaking の三種類の授業を受けることになります。プログラム初日に受けるテストの成績によりクラス分けされます。
感想 私は上から二つ目のレベルのクラスだったのですが物足りない印象で同じクラスの友人達も簡単すぎると言っている人が多かったです。しかし、先生にお願いして途中からListening and Soeaking のみ一番上のクラスで受けさせていただいたところ、そちらはとても良い授業でした。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 7万円
支払い方法 カードなど
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 同じ階に12人
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 自炊(外大生が同じ塔の同じフロアに固められていたので夕飯は皆で協力して作っていました。)
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 掃除はこまめにされていました。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 学内の寮に宿泊していました
宿舎手配方法 プログラム申し込み後大学から申込みサイトを教えていただけます。
居住場所の近隣にあった施設 銀行
郵便局
その他の近隣施設 スーパーまでは徒歩で20分ほどかかります。
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
クローゼット(共有)
洗面台(共有)
有線インターネット(部屋)
有線インターネット(共有)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 古いのでいろいろなところが壊れていたりまた電気が切れていたりと始めの方は戸惑いましたが、information centreに行って事情を説明するとすぐに直してくださるので慣れてくれば快適でした。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 特にありません
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 良いです
食堂についての評価
食堂についてのコメント 使っていません
図書館についての評価
図書館についてのコメント とても広いです
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 不自由しませんでした
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 便利でした
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 良かったです
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント ありましたが使わなかったので分かりません
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 近くに買い物にいく行くか、大学側が留学生のために用意してくれているイベント(conversation party,quiz party,tennis party)に参加するか、宿題、プレゼンテーションの準備、復習を行う。
近くのスーパーやタウンセンターに買い物に行く。
Weekend(休日の過ごし方) ロンドンやケンブリッジ、オクスフォードに観光に行っていました。
おすすめスポット・旅行先など Colchester Castle の敷地内(中央辺り)にあるカフェでいただけるAfternoon teaがとてもよかったです。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語力向上
自己評価1
課題2 イギリスの文化を学ぶ
自己評価2
課題3
自己評価3
今後の課題
引き続き日本でも英語力向上に努めたいと思います。
日本で準備すべきだったと感じたこと
大学に過去のプログラム参加者の国籍比率を尋ねておくべきでした。今年の夏からこのプログラムをとり始めた学生は9割以上が日本人でした。
直面した問題
特に思いつきません。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
私の留学先であるエセックス大学のEELP受講者はふたを開けてみたら9割以上が日本人でした。外大からは6人しか行かないことを確認済でしたし田舎の大学なので日本人がそんなに集まることはないだろうと予想していましたが認識が甘かったです。特に今年は大阪大学と一橋大学が大学単位でプログラムを組んでいた影響でそれぞれ39名、18名と派遣しており、それもあって今年は格段日本人比率が高かったようです。後輩の皆様には絶対に国籍比を確認してから留学先を選んでいただきたいと思いました。
エセックス自体は落ち着いていて外国人も少ない留学先としてはとてもいい町だと思います。大学もとても使いやすかったです。授業は、授業初日のテストによってレベル分けされるクラスで一番上に行かれればとても良い授業が受けられますが、その他のクラスはほとんどの人にとって物足りないレベルである印象を受けました。
とはいえ今後この状況が変わるかもしれないですし大学やエセックス自体はいいところなので興味のある方はぜひ考慮してみてください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.