基本情報

留学先国   ド イ ツ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ギーセン大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 ドイツ語
留学時の学年 1
プログラム名 サマーコース
留学期間(開始) 2014-08-28
留学期間(終了) 2014-09-26
この留学にかかった費用の合計 45万程度

留学前

留学の目的 ドイツ語の力を全体的に向上させること、また自分の専攻語が話されている地域で実際に生活をすること。
必要な語学力
英語TOEFL 日常会話ができれば平気だと思います。
英語その他
その他言語
  ドイツ語は全くできなくても平気です。
情報収集方法
友人
HP
その他
参考になるHP ギーセン大学HP→http://www.uni-giessen.de/cms/jluindex/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 協定大学のHPにて。
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 三か月以内の滞在なのでビザは必要ありません。
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 インターネット上で。
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 特に受けていません
語学強化を始めた時期 8月
語学強化方法 文法を少し復習していました。
海外旅行保険に加入した時期 7月
加入した海外旅行保険会社名 AIU損害保険株式会社(大学生協でもらった海外保険の資料を参考にしました。)
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 ドイツ語コースという名の通り、ドイツ語でドイツ語について学べるような授業が行われ、自由参加の形でスポーツや音楽の授業も開かれ、また休日には遠足なども企画されていました。
感想 ドイツ語のクラスはレベル分けされていたので、比較的やりやすかったです。また遠足などを利用して観光もできてよかったです。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 一か月の滞在で523ユーロ(デポジット含む。)
支払い方法 学校側のの銀行口座への振り込み。
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 6~7人
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 寮では出ません。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 私の使っていたフロアはキッチンなども比較的きれいでした。
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 10~15分程度
宿舎手配方法 学校側が行ってくれました
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
その他の近隣施設 ガソリンスタンド(コンビ二付き)
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
洗面台(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 共有のテレビが一台。
居住環境の感想 同居人によって変わると思いますが私の住んでいたフロアは比較的きれいでした。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 治安はいいと思いますが、それでも貴重品の管理は常に自分でしっかり行うべきだと思います。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント なれると平気でしたが、地図があったらさらによかったなと思います。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 量は少し多かったですが、おいしかったです。また席もたくさんあってよかったです。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 1回しか利用してないのでわかりません
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 大学内ではWi-Fiが使えます。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 基本食べ物、飲み物が売ってます。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 困ったことがあったら、聞けばしっかり対応してくれてよかったです。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用してないのでわかりません。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 学校から商店街へでるバスがでていたので、それを利用して街へ行き買物したり、あとはそのまま寮に戻ってくつろいだりしていました。
Weekend(休日の過ごし方) 週末は個人的にどこかへ観光しに行ったり、また学校の方で企画してくれた遠足に参加したりしていました。
おすすめスポット・旅行先など 学校からバス一本でいける商店街、マルクトプラッツ(MarktPlatz)がおすすめだと思います。銀行、スーパー、郵便局、カフェ、本屋などなどあらゆるお店があるので、必要なものは基本ここでそろえることができます。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ドイツ語の能力を向上させる
自己評価1
課題2 ドイツで生活をする。
自己評価2
課題3 ほかの国の人と交流する。
自己評価3
今後の課題
ドイツ語を聴く力は以前よりあっがたと実感しているのですが、書く力そして話す力はあまり身についてないので、そこも向上させていきたいです。
日本で準備すべきだったと感じたこと
ドイツ語もですが、英語をもっと勉強していくべきだったと感じました。
直面した問題
ほかの国の人と話すのは基本英語を用いてだったのですが、このごろあまり勉強していなかったせいで英語での会話がうまくできませんでした。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
たった一か月でしたが、海外で生活してみて日本と違うことがたくさんありとておいい経験になりました。また勉強へのモチベーションもあがったのでショートビジットを行って損はないかなと思いました。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.