基本情報

留学先国   イギリス
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 リーズ大学 
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 中央ヨーロッパ
地域言語・専攻語 ドイツ語
留学時の学年 1
プログラム名 General English Programme
留学期間(開始) 2014-08-04
留学期間(終了) 2014-09-12
この留学にかかった費用の合計 約50万円

留学前

留学の目的 特に苦手と感じていた、英語のスピーキング力を向上させるため。
必要な語学力
英語TOEFL iBT45以上
英語その他
その他言語
  特になし
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP 大学のホームページ
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 5月
協定校への申込み方法 インターネット
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 入国審査時取得
航空券を準備した時期 7月
航空券準備方法 インターネット
予防接種を受けた時期 1月
予防接種の種類 していません。
語学強化を始めた時期 5月
語学強化方法 BBC等のニュース
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 損保ジャパン
その他特記事項1 1月
その他特記事項内容1
その他特記事項2 1月
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 週ごとにテーマが設定されており、それに沿ってディスカッションやゲーム、リーディング、リスニング等を行いました。
感想 スピーキング中心であったため、自分の目的に非常に適した授業でした。内容も面白く、かつ楽しむことができました。夏のコースのため、日本人はかなり多いです。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 1日約£16
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 5〜6人でキッチンを共用しました。
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 自炊しました。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 比較的新しく、全体的に綺麗です。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 約20分ほど
宿舎手配方法 大学のホームページを通じて
居住場所の近隣にあった施設 銀行
病院
スーパー
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 大学の主要施設、市街地中心からどちらも徒歩20分ほどかかるところがネックでした。周辺に治安が悪い地域もあったようですが、特に何も事件はありませんでした。それ以外は問題ないと思います。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 深夜の一人歩きなど、基本的な事項に気をつければ大丈夫だと思います。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 勉強しやすい環境です。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 少し高めです。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 広いので本が少し探しにくかったです。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント ほぼ全域でeduroamが使えます。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント ブックストアは利用していません。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 対応は早かったと思います。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用していません。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 大学側が用意してくれているアクティビティ(映画を見る会など)がほぼ毎日あるので、それらに参加していました。市街地に出て買い物しても楽しいです。
Weekend(休日の過ごし方) イギリス国内を旅行しました。
おすすめスポット・旅行先など York, Harrogateなど
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 積極的に英語で話す
自己評価1
課題2 滞在中もニュースを聞くなどの勉強をする
自己評価2
課題3 今後の勉強方法を模索する
自己評価3
今後の課題
スピーキングセッションなどに参加し、積極的に英語を使いたいです。
日本で準備すべきだったと感じたこと
もっと日常会話におけるリスニングの対策をしておけば良かったと思います。
直面した問題
電車やバスの利用の際、最初はかなり戸惑いました。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
授業時間外は日本語だけでも通用してしまうような場面もあると思いますが、そのような場合でも英語を使うように心がけると、実りの大きい留学になると思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.