基本情報

留学先国   韓  国
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 韓国外国語大学校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 東アジア
地域言語・専攻語 朝鮮語
留学時の学年 1
プログラム名 韓国語と文化
留学期間(開始) 2015-02-24
留学期間(終了) 2015-03-25
この留学にかかった費用の合計 約40万円

留学前

留学の目的 リスニングの向上、語彙力アップ、対話力の向上
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
  特になし
情報収集方法
友人
HP
その他
参考になるHP 日韓友好協会HP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 12月
協定校への申込み方法 郵便、インターネット
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 ビザは必要なかったのでとりませんでした
航空券を準備した時期 1月
航空券準備方法 インターネット予約
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 しませんでした
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 映画の視聴
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名 三井住友海上
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 教科書やプリントを使った文法学習
感想 韓国語で韓国語についての授業をするということで、どうなるのか少し不安でしたがとても分かりやすく楽しかったです。勉強する文法を使った例文をたくさん作ることで感覚的にも文法の使い方が分かりました。分からないことや質問も、先生方にメッセージを送ればすぐに教えて頂けました。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
賃貸アパート
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 約10万円(光熱費・水道代込み)
支払い方法 事前に一括
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人) なし
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 特に用意されるのではなく自分で管理します
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 新築でとてもきれいでした
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 15分
宿舎手配方法 日韓友好協会を通じて
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
その他の近隣施設 カフェ
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(部屋)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
ランドリー(部屋)
冷暖房(部屋)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備 テレビ、布団など
居住環境の感想 きれいでとても過ごしやすかったです。ただ協会を通じて契約したため仲介料なども合わせると費用が少しかかりました。それでも住みやすさ・快適さを優先するなら十分に満足でした。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 宗教勧誘
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 階段が多かったです
食堂についての評価
食堂についてのコメント 値段がとても安くありがたかったです
図書館についての評価
図書館についてのコメント 24時間利用できました
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 教室内などはフリーwifiを使えました
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 小さいですがお菓子が充実していました
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 親切でした
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 特に利用はしなかったです
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 家で復習、テレビを見て分からない単語をメモする作業、友人と出掛ける など
Weekend(休日の過ごし方) 友人と出掛ける、旅行 など
おすすめスポット・旅行先など ソウルに留学したのなら、ついでにプサンなど他の地域にも旅行してみることをおすすめします。ソウルとはまた違う雰囲気を楽しめます。プサンは本当に素晴らしかったです!
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 聞き取り能力のレベルアップ
自己評価1
課題2 語彙力のレベルアップ
自己評価2
課題3 対話力の向上
自己評価3
今後の課題
語彙力のさらなる向上
日本で準備すべきだったと感じたこと
日本についてもっと知っておくべきだったと後悔することが何度かありました。事前に文化や行事などについてはよく知っておくべきだと思います。
直面した問題
最初は、シャワーのみで浴槽がないことに少し抵抗があり戸惑いました。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
経験してみて、短い期間でも言語能力の向上には大いに役立ったと思いました。特に聞き取りの面は、常に韓国語を耳にしていたせいか、力がついたことを実感できるほどでした。モチベーションも自然と上がるので、わたしはおすすめします。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.