基本情報

留学先国   アメリカ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 カリフォルニア大学サンディエゴ校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 言語文化学部
地域 北西ヨーロッパ
地域言語・専攻語 英語
留学時の学年 1
プログラム名 Conversation and Fluency
留学期間(開始) 2015-03-02
留学期間(終了) 2015-03-26
この留学にかかった費用の合計 50万円

留学前

留学の目的 英語を話さなければいけない環境に身を置く。
積極的に英語を話す。
外国の文化の中で生活をする。
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他
その他言語
  特になし
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP 大学のHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 10月
協定校への申込み方法 インターネット
ビザ申請を始めた時期 12月
ビザ申請方法 インターネット
航空券を準備した時期 11月
航空券準備方法 JTB
予防接種を受けた時期 12月
予防接種の種類 ツベルクリン反応
語学強化を始めた時期 12月
語学強化方法 リスニング教材の使用
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名 AIU
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 一時限目が8:30~10:10、二時限目が10:30~12:10。初日に語彙、リスニング、文法のテストが行われ、クラス分けされる。会話の授業と文法や文化の授業があり、現地の学生を交えたディスカッションやグループプレゼンなどをした。また、二回のフィールドトリップと三回の講演があり、フィールドトリップでは動物園とミッドウェイ博物館に行った。
感想 ただ座学をするだけでなく、映像を見てディベートをしたり堅苦しくない授業だったので、退屈することなく参加することができた。クラスメイトは日本人が一番多く、韓国人や中国人と、アジア人がほとんどだったが自分はそれほど気にならなかった。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
賃貸アパート
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 約1000ドル
支払い方法 クレジット
部屋人数(人部屋) 1
家族・同居人(人) 1
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント 出ません
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 週に一回掃除が入る
大学までの通学手段 徒歩
バス
大学までの通学時間 40分
宿舎手配方法 インターネット
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
その他の近隣施設 ショッピングモール
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
バルコニー(共有)
洗面台(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 とてもきれいで満足だった。僕も含めてなかなかWifiが使えない部屋があり、最初のころは少し苦労した。また連絡しても対応が少し遅い。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 高級住宅街ということで、かなり治安は良かったと思う。夜間に一人で出歩くことは一応控えていた。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント きれいで広かった
食堂についての評価
食堂についてのコメント フードコートがあるが、基本的にジャンクフード
図書館についての評価
図書館についてのコメント 使わなかった
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 繋がりにくい場所もあったが、何とか使えた
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント かなり広い。大学のパーカーやノートといったグッズも豊富
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 対応も早くてよかった
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 使わなかった
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) Westfield UTC
Costa Verde Center
Old Town
Down Town
ビーチ
Weekend(休日の過ごし方) Disney Land
Universal Studio
San Diego State University
University of San Diego
おすすめスポット・旅行先など Sea World
Midway Museum
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語を積極的に話す
自己評価1
課題2 英語を話さなければならない環境に身を置く
自己評価2
課題3 外国の文化に慣れ親しむ
自己評価3
今後の課題
根本的なリスニング力の向上。聞けなければ話せない。
日本で準備すべきだったと感じたこと
リスニングや発音の矯正。
直面した問題
食生活が合わなかった
腹痛や頭痛
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
英語に自信がない人や長期留学しようか悩んでいる人は、ぜひ一回ショートビジット留学をすべきだと思います。一カ月ならそれほど辛くもありませんし、自分の語学力で何が足りていないのかを実感できます。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.