基本情報

留学先国   ロ シ ア
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 モスクワ大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 1
所属学部 国際社会学部
地域 ロシア
地域言語・専攻語 ロシア語
留学時の学年 1
プログラム名 2cities-2universities
留学期間(開始) 2015-02-23
留学期間(終了) 2015-03-23
この留学にかかった費用の合計 50万円

留学前

留学の目的 ロシア語力の向上、ロシアの観光
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他
その他言語
  なし
情報収集方法
友人
先生
その他
参考になるHP 公式サイト
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 12月
協定校への申込み方法 現地の先生にメール
ビザ申請を始めた時期 1月
ビザ申請方法 旅行会社JICに委託
航空券を準備した時期 1月
航空券準備方法 旅行会社JICに委託
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 不明
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 教科書の復習
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名 AIU
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 モスクワ大学ではテキストが配られ、毎日の授業にテーマが設けられ、そのテキストに沿って行われた。毎日次の日の予習のための宿題が多く出された。
サンクトペテルブルグ大学では宿題は出ず、その日のテキストを受け取って読解をしていた。
感想 全体的に扱う単語が難しく、外大の授業を受けているだけでは対応することは困難であると思った。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
学生寮
ホテル
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 授業料込みの支払い
支払い方法 担当の先生に手渡し
部屋人数(人部屋) 2
家族・同居人(人) 0
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント たまに合わないものもある
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 日本に比べると不衛生
大学までの通学手段 徒歩
電車
大学までの通学時間 45分
宿舎手配方法 申込時
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
本棚(部屋)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(部屋)
有線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 シャワーがあまりきれいではない
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 普通に生活している分には怖い目にあうことはまずない
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 留学生専用のセンター
食堂についての評価
食堂についてのコメント 食堂の職員の対応はとてもドライ
図書館についての評価
図書館についてのコメント 不明
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント Wi-Fi環境が限られている
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 学内ではないが24時間営業が多い
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント モスクワ大学では特にサポートが強かった
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 不明
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 毎日授業を行い、それに伴った遠足に行き、帰って食事をとり宿題をするだけで一日が終わるので、ほぼ自由時間はない。
Weekend(休日の過ごし方) 観光や休息など
おすすめスポット・旅行先など 赤の広場や各大聖堂などは非常に見物
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 文法力
自己評価1
課題2 語彙力
自己評価2
課題3 コミュニケーション
自己評価3
今後の課題
語彙力の強化
日本で準備すべきだったと感じたこと
語彙力の強化
直面した問題
語彙力の少なさ
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
外大の授業を受けているだけでは語彙の面で圧倒的に足りない部分があるので各自で準備してから行くとよりよい留学生活になると思います。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.