基本情報

留学先国   ニュージーランド
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 オークランド大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 ラテンアメリカ
地域言語・専攻語 スペイン語
留学時の学年 1
プログラム名 Global English Plus
留学期間(開始) 2015-03-02
留学期間(終了) 2015-03-27
この留学にかかった費用の合計 約60万円

留学前

留学の目的 スピーキング能力の向上
必要な語学力
英語TOEFL なし
英語その他 特になし
その他言語 なし
  なし
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP http://www.ela.auckland.ac.nz
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 11月
協定校への申込み方法 インターネット
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 三ヶ月未満の滞在の場合ビザは不要
航空券を準備した時期 1月
航空券準備方法 インターネット(HIS)
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 特に必要ない
語学強化を始めた時期
語学強化方法 大学のGLIP英語
海外旅行保険に加入した時期 2月
加入した海外旅行保険会社名 東京海上日動
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 初日のクラス分けテストでレベル別に分かれる。一時間目は教科書を使用した総合的な学習をおこない、二時間目はクラスにより授業の目標が異なる。私のクラスはConfident Speakingというもので、クラスの仲間との会話、ディスカッション、簡単なプレゼンなど、積極的に会話に参加する姿勢が求められる授業内容だった。
感想 授業内容は全体的にとても良かった。文法事項を一方的に教えられるのではなく、積極的な思考と発言がもとめられた。ただ、私は先生が一時間目も二時間目も同じで三週間ずっと変わらず、飽きてしまった。クラスは申請すれば変えてもらえると言われていたが、担当者とのアポが全然とれなかったのであきらめた。
二時間×2コマの授業のほかにワークショップというレベル別オプション授業を週2で受講できた。
クラスは、日本の大学がたくさん団体で来ている時期であるために、日本人ばかりのこともあれば多国籍の場合もあった。多国籍クラスの方が面白かった。理由は分からないがコロンビア人が多く来ているので、専攻語であるスペイン語もたくさん話す機会があり、良い練習になった。
外大生は個人で申し込まなければならないうえ少数であるため、団体で来ている日本人とはおかれている環境がかなり違うように感じた。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
賃貸アパート
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 週230NZドル
支払い方法 カードまたは現金
部屋人数(人部屋) 一人
家族・同居人(人) 二人(キッチン、バス、トイレ共用)
門限 なし
食事 なし
食事についての評価
食事についてのコメント とにかく高い。味は比較的おいしい。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 部屋による。ルームクリーニングが週一回入るものの、非常に雑。初めて部屋に入った際は枕に髪の毛がたくさんついていて、レセプションに枕カバーをもらいにいったはいいものの大きな足跡がついたままだった。
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 5分
宿舎手配方法 学校が手配
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
銀行
病院
スーパー
その他の近隣施設 ファストフード店、レストラン、図書館など
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
洗面台(共有)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 ホームステイで申し込んでいたが、授業料などの支払いが遅めだったためにホームステイが定員一杯になってしまっていた。同じ学校でアパートに住んでいるのはかなりの少数派で、日本人でアパートを割り振られたのは外大生しかいなかった。徒歩5分である以外は良いところはほぼ無かった。(ホームステイだと電車またはバス通学。授業開始が8時20分と早いので、朝がつらい)
私はルームメイト(前半二週間は日本人と中国人、後半二週間は中国人の大学教授二人)に恵まれたので、大きなトラブルはなかった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 学校のすぐ近くのKarangahape Road(通称K Road)という通りは危険なので夜は通ってはいけない。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 清潔で、飲み物が常時用意されていた。
食堂についての評価
食堂についてのコメント なかった
図書館についての評価
図書館についてのコメント 大学の図書館は少し遠いので行っていない
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 学内のWi-Fiは非常に繋がりにくい。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 大学の売店・ブックストアは少し遠い。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント こちらから言えば何でもやってくれる。先生やスタッフがとても親切。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 行っていない。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) オークランド市内散策、観光
図書館でインターネットと課題
自炊のためスーパーで買い出し
Weekend(休日の過ごし方) サークル(模擬国連)のオークランド支部に参加
ロトルア観光(ツアー。三万円強かかった)
オークランド観光(スカイタワー、ワイヘキ島、公園など)
おすすめスポット・旅行先など ロトルア(北島中部に位置する。大自然とマオリの文化に触れられる。)
ワイヘキ島
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 スピーキング能力の向上
自己評価1
課題2 生活力の向上(初めての一人暮らしだったため)
自己評価2
課題3 海外のサークル(模擬国連)関係者との交流
自己評価3
今後の課題
学術レベルまで英語運用能力を高める。最低CEFRのC1レベルまでは持っていきたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
単語力をもう少し強化してから行けばよかった。
直面した問題
ネイティブスピーカーではない人が話す英語とインド人の英語が聞き取れなかった。
住居環境が予想以上に悪かった。
物価がものすごく高かった。日本の2〜3倍だった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
学校も航空券も申し込みは出来るだけ早くおこない、分からないことはメールで聞くなど日本にいる間に最大限情報収集をした方が良いです。電波が悪くアパートだとWi-Fiが有料なので、ホームステイでない場合はWi-Fiルーターを持っていった方が良いかもしれません。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.