基本情報

留学先国   カ ナ ダ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ブリティッシュ・コロンビア大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 北アメリカ
地域言語・専攻語 英語
留学時の学年 1
プログラム名 English for the Global Citizen
留学期間(開始) 2015-03-02
留学期間(終了) 2015-03-27
この留学にかかった費用の合計 90万

留学前

留学の目的 英語力の向上。
海外渡航の経験を積む。
必要な語学力
英語TOEFL 受けていない
英語その他
その他言語
  特に必要ない
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP https://www.ubc.ca/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 12月
協定校への申込み方法 留学センターに申し込んだ
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 ビザは必要ない
航空券を準備した時期 1月
航空券準備方法 生協にて購入
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 特に必要なし
語学強化を始めた時期
語学強化方法 とにかく話し続けること
海外旅行保険に加入した時期 2月
加入した海外旅行保険会社名 UBCの紹介
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 Global Citizen について、Global Citizen たるに必要な要素を5つ挙げ、それらに沿った授業を1週間に1つのテーマを掲げ、学習していった。
感想 授業の内容そのものに文句は全くない。非常に洗練された教師陣、そして、充実したせ設備には驚かされた。だが、日本人しかいないクラスに不満があった。日本人しかいないなら、わざわざカナダにまで行く必要はない。外大で充分にその機会を得ることができる。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 900ドル
支払い方法 クレジットカード
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人)
門限 あり
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 非常にありがたかった。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 日本のそれと大差なく、快適であった。
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 45分
宿舎手配方法 ubc側に手配していただいた
居住場所の近隣にあった施設 コンビニ
スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 非常に快適だった。毎食用意され、ありがたかった。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 ダウンタウンの一部に、麻薬の横行する地域があると聞いた。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント 清潔感もあり、心地よかった。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 使用しなかったためわからない。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 使用しなかったためわからない。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント wifiも飛んでいて、コンピュータも学生ならば使用することができ充実していた。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント 品ぞろえも充実していたが、少々高価だった。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 質問や要望にも丁寧に対応していただいた。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 特に使用しなかった。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) すぐに家路についたり、ダウンタウンで買い物をしたりした。
Weekend(休日の過ごし方) 現地の学生ボランティアによって用意されたアクティビティに参加した。
おすすめスポット・旅行先など ウィスラー、ビクトリア
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語力の向上
自己評価1
課題2 海外渡航の経験を積む
自己評価2
課題3 積極的に話す
自己評価3
今後の課題
とにかく積極的にはなすこと。
日本で準備すべきだったと感じたこと
授業のレベルをより調べて、自分にあったものを選ぶべき
直面した問題
時差ボケへの対策を講じるべきだった。それにより、クラス分けのテストで十分な結果を出せなかった。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
きちんと、下調べをしておくこと。それに尽きる。充分に準備をしておけば楽しいショートビジットを行うことができます。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.