基本情報

留学先国   カ ナ ダ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ブリティッシュ・コロンビア大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 国際社会学部
地域 東アジア
地域言語・専攻語 中国語
留学時の学年 1
プログラム名 english for the global citizen
留学期間(開始) 2015-03-02
留学期間(終了) 2015-03-27
この留学にかかった費用の合計 60万円弱

留学前

留学の目的 語学力向上
英語に対する構えをなくすため
日本人以外の友人を作る
必要な語学力
英語TOEFL 特になし
英語その他 事前に大学側が用意するミニテストを受験。中学レベルなので心配不要。
その他言語 初日のテストでクラス分け。
  特になし。
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP http://www.ryokojoho.jp/can_yvr/
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 11月
協定校への申込み方法 インターネット
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 カナダは短期の渡航にはビザ不要。
航空券を準備した時期 1月
航空券準備方法 インターネット
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 受けていない。
語学強化を始めた時期 10月
語学強化方法 ELCオンライン教材
海外旅行保険に加入した時期 12月
加入した海外旅行保険会社名 受け入れ大学が独自に用意する保険
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 午前2コマ、9:00-12:30
グローバルシチズンを構成するいくつかのテーマに沿って考える中で語彙を増やし、会話の訓練と文法事項の確認を行う。日常会話に役立つフレーズやカナダの文化についても習う。
午後一コマ、13:30-15:40
大学構内や中華街、インディアンタウンなどでの街頭調査をもとに発表を行う。グループワークが主で、自由度の高い授業。
感想 EGCの参加者はほとんどが日本人。日本での講義形式の授業と同じように受動的な姿勢で授業に臨む人が多いが、それでは何も身につかないと思う。初日のテストによってクラス分けがなされるのでクラスメイトの英語力は同レベルのはず。怖がらず発言すべき。
またクラスメイト以外の友達を積極的に作る努力をしないと、日本人コミュニティーの中で1か月を過ごすことになるので注意。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 35ドル/日
支払い方法 現金(自由)
部屋人数(人部屋) 一人部屋
家族・同居人(人) 家族5人・留学生2人(自分含む)
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 中華、日本食、欧米ごちゃまぜの料理でした。米もあり。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 特になし。トイレも日本とほぼ同じ。
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 約40分
宿舎手配方法 大学の専門機関が斡旋
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
郵便局
薬局
その他の近隣施設 教会
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
洗面台(共有)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備 テレビ
居住環境の感想 何度も留学生を受け入れている家庭だったので変に気を使うこともなく快適に過ごすことができた。クリスチャンだったので教会のコミュニティーにも同行させてもらい貴重な体験ができた。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 ダウンタウンに薬物中毒者が多いエリアがあるので人通りの少ない場所、夜間の独り歩きには注意。ホームレスも多い。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント キャンパスは広大で、緑が多い。多民族多文化を背景に持つ学生たちが世界各国から集まっていて、コミュニティーも多く存在。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 食堂はもちろんファストフード店やカフェが構内にいくつもある。
図書館についての評価
図書館についてのコメント コンピューターや学習スペースも充実。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 無料wifiが使用可能。ところどころつながりにくい個所がある。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント UBCグッズや文具が充実。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 学生スタッフが多く存在し、留学生のサポートをきめ細かく行ってくれる。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 週に一回ジムでのスポーツイベントも開催。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 授業が大体4時ごろまであるのでそのあとダウンタウンに行って観光するかステイ先に直帰。
Weekend(休日の過ごし方) 観光。
または教会のイベントに参加。(クリスチャンじゃないけど)
おすすめスポット・旅行先など vancouver LOOKOUT
kapilano suspension bridge
ganbill island
バンクーバーにはたくさんのインターナショナルクラブ(語学練習の場)があるので調べて参加すると面白いかも。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 英語への抵抗感払拭
自己評価1
課題2 英語力向上
自己評価2
課題3 日本人以外の友人
自己評価3
今後の課題
語学力のさらなる向上
今回の留学で少し広がった視野をさらに広げること
日本で準備すべきだったと感じたこと
クラスメイトがほとんど日本人だったのには驚いたし少しがっかりした。事前にわかるようならクラス構成を確認して英語を使う強制力が強い環境に身を置いたほうがいいかも。
直面した問題
頑張ろうと思ってもなぜか頑張れない日があった。原因はおそらく自分の体力以上にさまざまなことに手を出したこと。異文化の中で知らず知らずに疲れているので、注意。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
全く興味がない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
場所によるかもしれないが、「協定校」のプログラムには日本や韓国の大学生が集中しているところが多い。協定校への留学はほかの留学に比べてサポート体制が充実していることは事実だが、本当に自分が求める環境かどうかよく調べて民間の語学学校や制度も含めて検討するとよいと思う。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.