基本情報

留学先国   カ ナ ダ
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 ブリティッシュ・コロンビア大学
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 3
所属学部 国際社会学部
地域 東南アジア第1地域
地域言語・専攻語 インドネシア語
留学時の学年 2
プログラム名 English for
留学期間(開始) 2015-03-01
留学期間(終了) 2015-03-28
この留学にかかった費用の合計 約60万

留学前

留学の目的 1ヶ月という短い期間ではありますが、日本語の通じない環境に身を置くことで現在の自分の英語力がどのくらいなのか知り、今後の学習のモチベーションとしたいと思いました。また、他国の文化や習慣に触れることでより広い視野を得たいと思い、ショートビジットに申し込みました。
必要な語学力
英語TOEFL 特に制限はありません
英語その他
その他言語
  特にありません
情報収集方法
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP 大学のHPを見るのが一番いいと思います。
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 12月
協定校への申込み方法 ホームページに申し込みフォームがあります。
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 ビザは必要ありませんでした。
航空券を準備した時期 2月
航空券準備方法 エクスペディアでとりました。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 予防接種は必要ないと思います。
語学強化を始めた時期 1月
語学強化方法 会話の授業を短期で受けました。
海外旅行保険に加入した時期 1月
加入した海外旅行保険会社名 学校の医療保険に加入しました。
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 午前中はインプット、午後はアウトプット中心の授業でした。一週間ごとに学習テーマが決められており(「環境」「消費主義」など)、午前中に資料やビデオを見て知識を増やすことが主で、午後はプレゼンの準備、発表を中心に行いました。金曜日にはテーマに即した講演会がありました。
感想 プレゼンやディスカッションの訓練ができたことはもちろん、学習内容も興味深く、充実していました。生徒が日本人が多い点は少々残念でしたが、英語以外の言語を使うことは強く禁じられていたため、英語を使う機会は充分にありました。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 一泊35カナダドル
支払い方法 手渡し
部屋人数(人部屋) 1人
家族・同居人(人) 3人
門限 あり
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント ホストマザーが毎日作ってくれました。とても美味しかったです。
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント 部屋はとても綺麗でした。部屋にシャワーもトイレもあり、不快な思いをすることは一度もありませんでした。
大学までの通学手段 バス
大学までの通学時間 約40分
宿舎手配方法 学校のホームページから申し込めます。
居住場所の近隣にあった施設 スーパー
薬局
その他の近隣施設 駅がとても近かったです。
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
机・椅子(共有)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
シャワー(部屋)
クローゼット(部屋)
バスタブ(部屋)
洗面台(部屋)
無線インターネット(部屋)
ランドリー(共有)
冷暖房(共有)
トイレ(部屋)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 ホストマザーはとても良い人でしたし、ごはんも美味しかったです。
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 バンクーバーの治安はとてもいいです。チャイナタウンは多少治安が悪いそうなので、日中でも一人で行くことは避けたほうがいいと現地の方に言われました。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント とても広く、きれいな大学です。必要なものも大体揃います。
食堂についての評価
食堂についてのコメント 食堂はほとんど利用していませんが、初日のご飯はおいしかったです。
図書館についての評価
図書館についてのコメント 静かで勉強しやすい図書館と、友達と話しながら作業できる雰囲気の図書館がありました。どちらもとても綺麗で快適でした。
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント 私はグローバルWiFiを持って行きました。大学内はWiFiが通っていますが、時折つながらないこともあるようでした。
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント ブックストアはとにかく大きいです。お土産、文房具だいたいなんでも揃っています。
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント 先生方の他にカルチュラルアシスタントという学生のボランティアの方々がおり、何でも相談にのってくれます。
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 利用していません。
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 家がスカイトレインの駅のすぐ近くでしたので、ダウンタウンに遊びに行くことも多かったです。毎日、ELIでは何かしらのアクティビティーが行われていたのでそれに参加することもありました。
Weekend(休日の過ごし方) 週末は少し遠出する機会が多かったです。ビクトリア、キャピラノなどに行きました。私はいっていませんが、週末を利用してシアトルに行った友達も多くいました。
おすすめスポット・旅行先など 個人的にはキャピラノの吊り橋、ビクトリアのブッチャードガーデンはとてもよかったです。カナダの自然を感じられる場所で、とても美しい場所でした。
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 ディスカッションへの参加
自己評価1
課題2 現地の人との積極的な交流
自己評価2
課題3 語彙力の向上
自己評価3
今後の課題
よりナチュラルな英語を身に付けたいと感じました。自分の意見を述べるにあたって、より細かいニュアンスを伝えられるような英語の力を身に付けたいと思いました。
日本で準備すべきだったと感じたこと
日本人の割合がどのくらいなのか知っておくべきだったと思いました。
直面した問題
特にありませんでした。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
強く留学したいと思う

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
バンクーバーは本当に過ごしやすい街です。また、人々も本当に親切な方が多いので、安心して過ごすことができました。ホームページを見てわからないことがあれば、直接メールすることをお勧めします。かなり丁寧な返信が得られました。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.