基本情報

留学先国   アイルランド
その他の留学先国(留学先国で「その他を選択した場合」)
大学名 アイルランド国立大学コーク校
その他の大学名(大学名で「その他」を選択した場合)
学年 2
所属学部 言語文化学部
地域 東南アジア第1地域
地域言語・専攻語 マレーシア語
留学時の学年 1
プログラム名 summer program
留学期間(開始) 2015-07-13
留学期間(終了) 2015-08-10
この留学にかかった費用の合計 約40万

留学前

留学の目的 英語が勉強したかったからです。大学院で勉強したいと思っていて、長期留学に行くお金も時間もないのでショートビジットを選びました。
必要な語学力
英語TOEFL 必要なかった
英語その他
その他言語
  必要なかった
情報収集方法
HP
留学支援共同利用センター
その他
参考になるHP 大学のHP
留学準備
協定校への申込みを始めた時期 4月
協定校への申込み方法 申し込み書の郵送
ビザ申請を始めた時期
ビザ申請方法 ビザは必要ない
航空券を準備した時期 5月
航空券準備方法 旅行会社に相談に行ったり、ネットで調べたりしました。
予防接種を受けた時期
予防接種の種類 予防接種はしていません
語学強化を始めた時期 5月
語学強化方法 ELCのスピーキングセッションを利用しました。
海外旅行保険に加入した時期 6月
加入した海外旅行保険会社名 学研災付帯海外旅行保険
その他特記事項1
その他特記事項内容1
その他特記事項2
その他特記事項内容2

留学中

参加したプログラムの授業内容と感想
総合評価を星の数で記入してください
授業内容 文法やボキャブラリー、発音、プレゼンテーションなど
感想 授業はとてもわかりやすかったです。先生が生徒のレベルをよく把握していて、生徒に合った指導方法と内容で、授業をしていました。
居住環境
居住環境について、総合評価を星の数で記入してください
ホームステイ
居住環境が「その他」の場合、どんなところに住んでいましたか?
家賃 1週間220ユーロ
支払い方法 銀行振り込み
部屋人数(人部屋)
家族・同居人(人) 5人家族
門限 なし
食事 あり
食事についての評価
食事についてのコメント 最高でした
衛生環境についての評価
衛生環境についてのコメント よかったです
大学までの通学手段 徒歩
大学までの通学時間 20分
宿舎手配方法 大学がさがしてくれた
居住場所の近隣にあった施設 銀行
病院
スーパー
その他の近隣施設
住居にあった設備 机・椅子(部屋)
キッチン(共有)
ベッド(部屋)
冷蔵庫(共有)
本棚(共有)
シャワー(共有)
クローゼット(部屋)
バスタブ(共有)
バルコニー(共有)
洗面台(共有)
有線インターネット(共有)
無線インターネット(部屋)
無線インターネット(共有)
ランドリー(共有)
冷暖房(部屋)
冷暖房(共有)
トイレ(共有)
その他住居にあった設備
居住環境の感想 家族がとても暖かかったです。子供たちと放課後に庭で遊ぶのが楽しかったです。お母さんの作る料理はとてもおいしくて幸せでした。ディナーの時は、みんなで話しかけてくれて、それも英語の勉強になりました
治安状況
住居周辺についての評価
大学周辺についての評価
気をつけるべき点 コークの治安は東京よりよくて、特に気を付けることはありませんでした。
学内環境
学内環境について、総合評価を星の数で記入してください
学内環境についてのコメント よかったです
食堂についての評価
食堂についてのコメント あまりおいしくはありませんでした。安かったです。
図書館についての評価
図書館についてのコメント よかったです
インターネットについての評価
インターネットについてのコメント よかったです
売店・ブックストアについての評価
売店・ブックストアについてのコメント よかったです
大学のサポートについての評価
大学のサポートについてのコメント よかったです
スポーツ施設についての評価
スポーツ施設についてのコメント 広くて、よかったです
スケジュール
Weekday(放課後の過ごし方) 友達と町に出て歩く。学校のプログラムで、観光地に連れて行ってもらう。パブに行く。
Weekend(休日の過ごし方) 家族と出かける。最後の週末は、友達とロンドンやダブリンに行きました。
おすすめスポット・旅行先など コーヴという港町
留学前に設定した課題と留学後の自己評価
課題1 積極的に家族や友達に話しかける
自己評価1
課題2 アイルランドの文化を学ぶ
自己評価2
課題3 アイルランド英語を学ぶ
自己評価3
今後の課題
アイルランドで学んだことを活かして、日本でも英語の勉強を続けていきたい。
日本で準備すべきだったと感じたこと
英語を話す練習をもっとすべきだったと思います
直面した問題
ロンドンへの旅行は、英語で飛行機やホテルの申込みをしたので大変でした。
今後1学期から1年の長期の留学をしたいか
どちらでもない

帰国後

今後ショートビジット留学をする学生へのアドバイス
積極的に家族や友達に話しかけてみると英語の勉強になるだけではなく、その人の国の文化や考え方など、いろんなことを知ることができます。楽しんで頑張ってください。
この体験報告書の内容は個人の経験に関する報告であり、必ずしも東京外国語大学の見解や意見を反映するものではありません。
特に予防接種、ビザ等の項目については、海外留学制度の手引き、大使館、厚生労働省等の情報を併せて確認するようにしてください。
Copyright © 2014 Tokyo University of Foreign Studies. All Rights Reserved.